コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフィラ エフィラ ephyra

3件 の用語解説(エフィラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフィラ
エフィラ
ephyra

刺胞動物門鉢虫綱の冠クラゲ類,旗口クラゲ類,根口クラゲ類の,生活史の一時期見られる幼生で,クラゲ型。浮遊性のプラヌラ幼生が海底で変態して生じたポリプに多くの水平なくびれが入ってできたストロビラから遊離して生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エフィラ(ephyra)

鉢(はち)クラゲ類の幼生。プラヌラ幼生を経て生じたポリプに横のくびれができ、分離して泳ぎ出したもの。体は平たい花びら状で、やがてクラゲとなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エフィラ
えふぃら
ephyra

腔腸(こうちょう)動物門ハチクラゲ綱のエフィラ類、すなわち冠クラゲ目、旗口(はたくち)クラゲ目、根口(ねくち)クラゲ目の生活環にみられる幼生名。これらのクラゲの雌の生殖腺(せん)に発達した卵は、受精して遊離し、繊毛をもったプラヌラ幼生となり、これが付着してポリプとなる。これはハチポリプ(鉢ポリプ)またはスキフラ幼生とよばれるが、この触手列の下方に横のくびれが生じ、やがて扁平(へんぺい)な盤状のものとなって、そのハチポリプから離れて泳ぎ出すが、これがエフィラ幼生である。一般にエフィラにはその中央に口、周辺には8個の縁弁がみられる。エフィラはこの縁弁を活発に動かして遊泳するが、その間にしだいに胃腔系や触手などが発達して成体(クラゲ)となる。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエフィラの言及

【腔腸動物】より

…ポリプが成熟して生殖腺が熟する場合とポリプからクラゲまたは子囊を出芽して,そこに生殖腺が生ずる場合とがある。しかし,ポリプ型をまったくもたないオキクラゲなどでは,プラヌラが直接にエフィラになり,若いクラゲに変態する。一生の間でクラゲ時代に有性生殖を,ポリプ時代に無性生殖するものでは,有性世代と無性世代との世代交代が見られる。…

※「エフィラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エフィラの関連キーワードアラゲキクラゲ腔腸動物櫛水母鉢水母クロキクラゲクラゲ(水母)ハチクラゲ類(鉢水母類)ヒクラゲ(火水母)冠クラゲ目旗口クラゲ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エフィラの関連情報