コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリンナ エリンナĒrinna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリンナ
Ērinna

前4世紀末に活躍したギリシアの女流詩人。 19歳で夭折。ドーリス方言による 300行のヘクサメトロス詩『糸巻き』 Ēlakatēによって,女友だちバウキスとともに過した少女時代の経験を語り,彼女の死を哀悼している。ほかに3編のエピグラムが『ギリシア詞華集』に収録されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エリンナ【Ērinna】

前4世紀末ギリシア,テロス島生れの女流詩人。生没年不詳。19歳で没したが幼友だちバウキスの死を悼む300行ほどの悲詩《糸巻竿》によって名声をはせたと伝えられる。ドリス方言によってつづられた六脚詩の約50詩行の断片が近年パピルス文書の中に発見されているが,バウキスとともに興じた少女時代の遊戯の数々に触れながら友の死を心から悲しむ風情が,繊細な技巧の洗練によってみごとに歌われている。そのほかに伝わる碑詩もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリンナ
えりんな
Erinna

生没年不詳。紀元前4世紀中ごろのギリシアの女流詩人。ロードス島に近い小島テロス島に生まれ、19歳で夭折(ようせつ)したとされる。幼友達のバウキスの死を悲しむ歌の断片が残されている。少女時代の2人の友情、バウキスの結婚と死などが、温かい思い出と同時に深い悲しみを込めて歌われている。この詩は『紡錘』という題名で、300行ほどの長さであったらしい。叙事詩の韻律で、このような個人的な哀悼の感情を表現したものは当時としてはきわめて特異で、次代のヘレニズム期の詩人たちの先駆となっている。[橋本隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エリンナの関連キーワードティロス島

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android