コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルズルム Erzurum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルズルム
Erzurum

トルコ東部の都市で,同名県の県都。 3000m級の山々に囲まれた肥沃な平原 (標高 1950m) に位置する。古くから周辺の地方への隊商ルートにあったが,首都アンカラからアルメニアに通じる鉄道やハイウェートラブゾンからイランにいたるハイウェーなどの主要な中継点である。5世紀にビザンチンの砦がおかれ,13世紀初頭以来セルジューク・トルコ統治下で栄え,1515年オスマン帝国領となった。セルジューク・トルコ時代の神学校,大モスクなどが残っている。 1919年7月にトルコ共和国第1回大国民会議が開かれた地で,58年アタチュルク大学が設置された。家畜の集散の中心地で,精糖工場などもある。人口 24万 2391 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エルズルム(Erzurum)

トルコ北東部の都市。標高1800メートル以上の高地に位置する。東部アナトリアにおける交通、商業の中心都市であり、周辺には小麦などを産する農地が広がる。スキーをはじめとするウインタースポーツも盛ん。東ローマ帝国時代、テオドシウス2世の名にちなみテオドシオポリスと呼ばれた。11世紀にセルジュークトルコ、16世紀にオスマン帝国領になり、その当時に建てられたイスラム寺院や神学校が残る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エルズルム

トルコ北東部の同名県の主都。アルメニア高原上でユーフラテス川の水源に近い。古くから軍事・交通の要地であり,農産物の集散地。アタチュルク大学(1957年創立)がある。
→関連項目アルメニア(地方)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エルズルム【Erzurum】

トルコ北東部,アルメニア地方にある同名県の県都。ユーフラテス川の水源に近く,3000mをこえる連山にかこまれた標高1869mの高原に位置する。人口25万(1994),都市域人口43万(1994)。古くはアルメニア人の居住地カリンQarinで,4世紀以降,主教座がおかれていた。5世紀前半テオドシウス2世が都市を建設(テオドシオポリスTheodosiopolis)。イラン,トルコ,グルジアを結ぶ交通・戦略上の要衝で,ビザンティン,トルコ系諸王朝,イランの係争地となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルズルム
えるずるむ
Erzurum

トルコの小アジア半島北東部にある都市。エルズルム県の県都。ユーフラテス川の源流、カラスー川の上流域、標高1950メートルの高地に位置する。人口36万1235(2000)。小麦、テンサイなどを産する農業地域の中心である。またトルコ東部の交通の要衝で、旧ソ連地域へも鉄道が通じる。アタチュルク大学、考古学博物館などがある。ビザンティン帝国時代はテオドシオポリスTheodosiopolisとよばれた。戦略拠点でもあるため、19世紀のロシア・トルコ戦争の際にはロシア軍に占領された。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エルズルムの関連キーワードアゼルバイジャン共和国ジェマル ギュルセルケマル・アタチュルクヤクティエ神学校サイト・パシャパランドケン山トルコ革命ギュルセルディブリイシバス会議アルトビンネフィーアラス川国民憲章シワス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルズルムの関連情報