コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルツ山地 エルツさんちErzgebirge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルツ山地
エルツさんち
Erzgebirge

チェコ語ではクルシュネホリ Krušné hory (ドイツ語,チェコ語とも「鉱石のある山」の意) 。ドイツとチェコとの国境にある山地。西南西から東北東に連なり,長さ約 150km,幅約 40km,標高約 800~900mで,最高峰はチェコ側にあるクリーノベツ山 (ドイツ語ではカイルベルク。 1244m) 。結晶片岩や強度に変成を受けた古生代の深成岩類から成る。浸食が進み,山容がなだらかなため,12世紀頃から開発が始り,山地を刻む谷沿いに集落ができた。特に 12世紀後半フライベルク付近で銀鉱が発見されてからは,各種鉱産物の採掘が活発となり,特にドイツ側にはアウエ,アナベルクブーフホルツ,シュネーベルクなどの鉱山集落ができ,15世紀に最盛期を迎えたが,17世紀に衰退した。古くから山地の両側ともドイツ人がおもな居住者であったが,第2次世界大戦後はチェコ側の住民の大部分はチェコ人によって占められるようになった。各地で豊富な木材を産するほか,一部ではウラン鉱などの採掘も行われ,テプリツェ付近など有名な褐炭産地や,カルロビバリなどの温泉地もある。また冬のスポーツ施設も多数あり,観光資源にも恵まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エルツ山地の関連キーワードミッテルゲビルゲフィヒテル山地東ヨーロッパツウィッカウフライタールウェルナーケムニッツザクセン州グラウハウエルベ川グライツボヘミア片麻岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android