エレバス山(読み)エレバスさん(英語表記)Mount Erebus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南極大陸沿岸,ロス北西端のロス島にある活火山標高 3794m。 1841年イギリスの J. C.ロス南極探検隊が発見し,その乗用船にちなんで命名。 1908年 E. H.シャクルトン隊が初登頂した。アルカリ玄武岩から成り,ほとんど氷におおわれているが,山頂の火口内には溶岩湖も形成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

Mount Erebus》南極のロス島西部にある活火山。標高3794メートル。南緯77度32分、東経167度10分に位置する。南極圏で最も活発な火山の一つ。山頂に溶岩湖があり、しばしば噴火が観測される。氷が地熱によって溶けて形成された氷洞や、ガスの噴出孔に水蒸気が凝固した氷塔が見つかっている。1841年、英国ジェームズ=ロス率いる探検隊により発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android