コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンコーダー えんこーだー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エンコーダー

データをある決められた形式に変換するためのソフトウェアハードウェアのこと。たとえばアナログの音の信号を、デジタルのデータに変換するA/Dコンバーターなどがこれに当たる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

エンコーダー

エンコードを行うプログラムや機器のことです。
⇨エンコード、デコード

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

エンコーダー(encoder)

アナログ信号をコンピューターなどで処理するのに適したデジタルデータに変換(エンコード)する装置や回路。また、音声や動画のファイルを特定のファイル形式に変換したり、データを一定の規則に従って別のデータに変換したり、圧縮暗号化したりするソフトウエアを指す。符号器。→デコーダー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

エンコーダー【encoder】

データをある一定の規則に従って、別の形式のデータに変換する(エンコードする)ためのソフトウェアやハードウェア。動画や音声のデータ形式を変換したり、文字コードを変換したりするために用いられる。データの圧縮暗号化をするものも含む。⇔デコーダー ◇「エンコーダ」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンコーダー【encoder】

ディジタル電子回路で,ある符号系列の信号を他の符号系列の信号にする変換器で,符号器もしくはコーダーともいう。複数個の入力端子と複数個の出力端子をもち,ある1個の入力端子に“1”の信号が加えられると,その入力端子に対応する出力端子の組合せのおのおのに“1”の信号が現れる。 図は0~9の十進符号信号を二進符号信号に変換するエンコーダーの例を示す。0~9の数を表す10個の入力端子があり,そのうちの1個に例えば5を示す入力端子にだけ“1”を印加すると,5=22+20=4+1で22と20を示す二つの出力端子に“1”出力を発生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エンコーダー【encoder】

入力信号を次の処理段階に適するように符号化する装置。符号器。 → デコーダー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エンコーダーの関連キーワード三次元座標測定器センサレス制御テレビパソコンコンパレーターシンクロ電機ボコーダー演算装置経緯儀角度計回転計

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android