エンコーダー(英語表記)encoder

翻訳|encoder

デジタル大辞泉「エンコーダー」の解説

エンコーダー(encoder)

アナログ信号をコンピューターなどで処理するのに適したデジタルデータに変換(エンコード)する装置や回路。また、声や動画のファイルを特定のファイル形式に変換したり、データを一定の規則に従って別のデータに変換したり、圧縮暗号化したりするソフトウエアを指す。符号器。→デコーダー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典「エンコーダー」の解説

エンコーダー【encoder】

データをある一定の規則に従って、別の形式のデータに変換する(エンコードする)ためのソフトウェアハードウェア。動画や音声のデータ形式を変換したり、文字コードを変換したりするために用いられる。データの圧縮暗号化をするものも含む。⇔デコーダー ◇「エンコーダ」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「エンコーダー」の解説

エンコーダー

データをある決められた形式に変換するためのソフトウェアやハードウェアのこと。たとえばアナログの音の信号を、デジタルのデータに変換するA/Dコンバーターなどがこれに当たる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「エンコーダー」の解説

エンコーダー【encoder】

ディジタル電子回路で,ある符号系列の信号を他の符号系列の信号にする変換器で,符号器もしくはコーダーともいう。複数個の入力端子と複数個の出力端子をもち,ある1個の入力端子に“1”の信号が加えられると,その入力端子に対応する出力端子の組合せのおのおのに“1”の信号が現れる。 図は0~9の十進符号信号を二進符号信号に変換するエンコーダーの例を示す。0~9の数を表す10個の入力端子があり,そのうちの1個に例えば5を示す入力端子にだけ“1”を加すると,5=22+20=4+1で22と20を示す二つの出力端子に“1”出力を発生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android