コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオブッポウソウ Leptosomus discolor; cuckoo roller

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオブッポウソウ
Leptosomus discolor; cuckoo roller

オオブッポウソウ目オオブッポウソウ科。全長 40~50cm,雌雄とも短い冠羽(→羽冠)があり,頭部が大きく,趾(あしゆび)は前後に 2本ずつ向く対趾足である。羽色は雌雄で大きく異なる。雄の背,,尾羽は虹色の光沢のある暗緑色,頭部と胸はやわらかな灰色で,下腹部に向けてしだいに白くなる。雄だけに黒い過眼線がある。雌は背面が褐色で,頭部に暗色の横縞が密にある。腹面は白っぽい褐色地に褐色の斑がある。マダガスカル島とコモロ諸島にのみ分布する。ほとんど樹上で暮らし,昆虫類や爬虫類などを食べる。1科 1属 1種で,ブッポウソウ目などと類縁が近いと考えられているが,分類は遺伝子の研究でも明確になっておらず,独立した目が設けられている。(→ブッポウソウ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオブッポウソウ
おおぶっぽうそう / 大仏法僧
kiromba
[学]Leptosoma discolor

鳥綱ブッポウソウ目オオブッポウソウ科の鳥。この科にはオオブッポウソウただ1種が属し、ブッポウソウモドキともよばれる。マダガスカル島およびコモロ諸島に分布する。全長約50センチメートル、嘴(くちばし)は大きくて尾は長い。第4趾(し)は前にも後ろにも向く。雄は背がスレート色で金属光沢があり、下面は灰色。雌では上面は赤褐色、下面は淡赤褐色で黒斑(こくはん)がある。森林にすんで群れをつくり、主として昆虫をとるが、カメレオンやトカゲも食べる。高い木の穴に4~5卵を産む。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオブッポウソウの関連キーワードオオブッポウソウ(大仏法僧)高野伸二大仏法僧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android