コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオメダイチドリ Charadrius leschenaultii; greater sand plover

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオメダイチドリ
Charadrius leschenaultii; greater sand plover

チドリ目チドリ科。メダイチドリに似ているがやや大きく,全長 22~25cm。夏羽(→羽衣)は頭上,背が灰褐色で,後頸から上胸は赤褐色過眼線は黒く,喉,頬,腹部は白い。冬羽では,夏羽で赤褐色の部分も灰褐色となる。トルコから中央アジアシベリア南部,モンゴルにかけての半砂漠地帯で繁殖し,標高 3000mの高地にも分布する。アフリカ東部やインドから東南アジアオーストラリアニュージーランドの沿岸で越冬する。日本には春秋の渡りの時期に河原や干潟に少数が渡来し,九州地方以南では越冬する鳥もいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オオメダイチドリの関連キーワードチドリ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android