コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヤモリ Gekko gecko; tokay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヤモリ
Gekko gecko; tokay

トカゲ目ヤモリ科。全長 20cm内外の大型のヤモリで,東南アジアに広く分布する。頭は大きく,尾も太い。背面は灰色で赤色の斑点が多数ある。四肢の指先は吸盤状になっている。夜行性昆虫類を捕食する。人家に出入りし,害虫などを捕食するので,有益動物として歓迎されることが多い。「とっけい」と聞える声で鳴くので,現地名ではトッケイと呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヤモリ
おおやもり / 大守宮
tokay
[学]Gekko gecko

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ヤモリ科のトカゲ。別名トッケイ。インド、東南アジア、インドシナ、中国南部に分布するヤモリの最大種の一つで、全長25~30センチメートルに達する。体背面は細鱗に覆われ、大粒の顆粒(かりゅう)状鱗(うろこ)が散在する。頭部が大きくてあごの力が強く、敵が近寄ると、大きく口を開きガッと声をたてて脅かす。口の中は紫がかったピンク色で威嚇の効果があるが、かむ力も強い。夜間、大きな声でトッケイと連続して鳴くのが英名の由来で、東南アジアでは、家の中でトッケイが鳴くと幸福をもたらすとして歓迎される。卵生で、一度に2個ずつ壁などにつけて産卵する。餌(えさ)は昆虫類、他のヤモリ、小鳥などである。東南アジアでは本種を開いて乾燥したり、香港(ホンコン)では蒸留酒に漬けて民間薬として用いる。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオヤモリの言及

【トッケイ】より

…別名オオヤモリ。変わった鳴声をするヤモリ科のトカゲ(イラスト)。…

※「オオヤモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオヤモリの関連キーワード遊動円木最上型重巡洋艦海氷シロチョウガイマベガイイワシアブラギリ(油桐)アマノリ(甘苔∥甘海苔)イイギリカズノコグサ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android