オオヨコバイ

百科事典マイペディアの解説

オオヨコバイ

半翅(はんし)目ヨコバイ科の昆虫の1種。体長10mm内外,淡緑色。日本全土のほか東アジア〜ヨーロッパに広く分布。卵で越冬し,成虫は年1回,夏〜秋に発生し,雑草間にごく普通。各種の農作物,果樹の害虫として知られる。
→関連項目ヨコバイ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヨコバイ
おおよこばい / 大横這

昆虫綱半翅(はんし)目ヨコバイ科のオオヨコバイ亜科Cicadellinaeに属する昆虫の総称、またはそのなかの1種。ヨコバイ類の亜科分類は、頭部の形、単眼の位置、翅脈などによるが、本亜科では、頭部は大きく、前方に膨出し、単眼は頭頂の中央近くかまたは頭部後縁寄りに2個ある。よく似たヨコバイ亜科Deltocephalinaeでは、単眼が前縁近くにあり、この点だけで容易に区別できる。体表は滑らかなものが多く、後翅は幅広い。体長5~15ミリメートルと、比較的大形な種が多く、東南アジアの熱帯地方には30ミリメートル近くにもなる大形種が知られている。
 種名オオヨコバイCicadella viridisは、体が緑色で光沢が鈍く、体長は雄8ミリメートル、雌約10ミリメートル。普通、雄のほうが緑色みが強い。日本からヨーロッパにかけて広く分布する。卵で越冬。果樹、農作物の害虫とされる。近縁のツマグロオオヨコバイBothrogonia japonicaは、本亜科中、日本最大種で体長は12~15ミリメートル。体は黄緑色でやや滑らか。翅端は黒色であり、和名はこの特徴に由来する。種々の樹木に寄生し、例外的に成虫で越冬する。シロズオオヨコバイ、キスジカンムリヨコバイなどのカンムリヨコバイ類、クワキヨコバイなどのフトヨコバイ類は、現在はいずれも本亜科に含められる。高山に局所的に分布するキタヨコバイやババオオヨコバイでは、はねが短小化する。
 一般に多食性で、いろいろな植物に寄生する。オオヨコバイは草間から枝上にまでみられるが、産卵はおもに枝中に行い、そのため果樹園では産卵痕(こん)が枝折れの害の原因となる。ツマグロオオヨコバイは5月ごろになるとアジサイなどに群生し、排出物を雨のように落とすことがある。多量の糖類を含んだ、いわば甘露の雨である。電灯にもよく飛来し、しばしば腕や首すじを刺すことがあるが、血液を吸うのではない。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android