コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカガニ オカガニ Cardisoma hirtipes

2件 の用語解説(オカガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オカガニ
オカガニ
Cardisoma hirtipes

軟甲綱十脚目オカガニ科 Gecarcinidae。甲幅 6cm内外。沖縄県以南の亜熱帯,熱帯地方の島々に分布し,タコノキ(→タコノキ科)など海浜植物の生えている海沿いの地帯や河川に沿った畑や堤防などに穴居している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカガニ
おかがに / 岡蟹・陸蟹
land crab
[学]Cardisoma hirtipes

節足動物門甲殻綱十脚目オカガニ科に属する陸生のカニ。沖縄県八重山(やえやま)列島から南太平洋、インド洋西部の島々まで広く分布する。海岸近くのアダンなど海浜植物の生えている地帯から、河川に沿っての畑や堤防など比較的乾燥している場所まで生息していて、海岸から数キロメートルも離れた場所まで達している。甲幅6センチメートルに達する大形種で、甲が著しく硬い。外形はサワガニに似ている。甲面は滑らかで、甲の側縁が大きく湾曲し、眼窩(がんか)外歯の直後に小さな切れ込みがある。はさみ脚(あし)は左右で大きさが異なる。6~8月の満月か新月前後の大潮時、日没後に巣穴から出て波打ち際で幼生を放つ。ごく近縁のミナミオカガニ(別名オオオカガニまたはギターサオカガニ)C. carnifexは、オカガニと生態的にすみ分けており、マングローブ湿地付近や海岸近くの砂地に巣穴を掘って生活している。いずれの種も南方の島々では食用とされている。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オカガニの関連キーワード軟甲類旭蟹岩蟹蝲蛄沢蟹猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オカガニの関連情報