コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカリナ[ocarina] オカリナ

1件 の用語解説(オカリナ[ocarina]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

オカリナ[ocarina]

1860年頃、イタリアのドナーティが考案した主に陶土製の閉管楽器で、その形からスィート・ポテトの愛称がある。鳩笛のように固定の吹口から息を吹き込み、空気抵抗で発音させる。胴に開けられた指穴を開くことによって音階を得る。いろいろなサイズ、種類があって定型がないが、いずれのオカリナも1オクターブと5音の音域を持つ。リコーダーなどと同じく、素朴で澄んだ音色に特徴がある。また、ドナーティのものとは別に、世界各地に同様の楽器が分布しており、形、材質も様々である。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オカリナ[ocarina]の関連キーワードマリネッティイタリアンサングイネーティディナーパーティーECTシティーガールディナーミーティングドナウタワーバーラタナーティヤム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone