コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキゴンドウ Pseudorca crassidens; false killer whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキゴンドウ
Pseudorca crassidens; false killer whale

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科オキゴンドウ属。体長は雄約 6m,雌約 5m。大型の雄は体重約 2t近くになる。出生体長は 1.5~2.1m。体色は全身黒灰色あるいは黒色で,胸部に淡い灰色の斑を呈する。体型はゴンドウクジラ類中最も細長い。噴気孔は1個で頭部正中線上に位置する。上顎は下顎より突き出ており,嘴 (くちばし) はないが吻端はとがる。背鰭 (せびれ) はほぼ体の中央に位置し,先端は鈍くやや小さい。性的成熟に達した雄の背鰭は先端が後方に垂れ,後縁が深く湾曲している。胸鰭は中央付近で急に後方へ曲り,先端はとがる。上下顎骨に大きい円錐歯が左右7~12対並び,餌を噛み,引裂くことができる。通常 10~60頭程度の群れで行動するが,数百頭の大群をなすこともある。大量漂着する種として知られている。高速遊泳が可能である。おもに魚類やイカ類を捕食するが,まれにクジラ類を襲う。熱帯から温帯海域の深海外洋域に分布し,北緯 50゜から南緯 50゜までに出現する。日本では追込漁によって捕獲される。マグロ延縄の食害のほとんどは本種によると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキゴンドウ
おきごんどう / 沖巨頭
false killer whale
[学]Pseudorca crassidens

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科のハクジラ。別名シャチモドキ、オオイオクイ(大魚喰)。寒海以外の世界中の暖かい海に分布回遊する。体長は雄5.7メートル、雌5メートルに達する。全身が黒色で、背びれは体中央部よりやや前方にあり、頭が丸く吻(ふん)はない。胸びれは前縁中間部で急に後方へ曲がり、後縁に二つの膨隆部を有する特異な形をしている。歯は上あご、下あごの左右各列8~11本ある。数百頭から1000頭にもなる群れをつくり、魚類とイカ類を食べる。マグロ延縄(はえなわ)にかかった魚を食べ漁業に被害を与えるが、水族館などで飼育調教すると物覚えがよく、人になれ、多くの芸を覚える。[鳥羽山照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオキゴンドウの言及

【ゴンドウクジラ(巨頭鯨)】より

…体長は4.5m(雌)~6m(雄)で,胸びれは体長の22~27%と前種よりも長い。ハナゴンドウ(全長3m),オキゴンドウ(全長5.5m)なども暖海性のマイルカ科の仲間で,頭部が大きくまるいので,ゴンドウクジラ類とも称されるが,それぞれ別属の種類である。クジラ【粕谷 俊雄】。…

【シャチ(鯱)】より

…日本ではこのために,和歌山太地の追込み漁法で少数が捕獲されている。熱帯には,本種に似て大型魚を捕食するオキゴンドウが分布する。クジラ【粕谷 俊雄】。…

※「オキゴンドウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オキゴンドウの関連キーワードハンドウイルカ(半道海豚)太地町のクジラ漁とイルカ漁慶良間諸島海域公園地区クジラ漁とイルカ漁バンドウイルカイルカ(海豚)大魚喰巨頭鯨

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オキゴンドウの関連情報