オクタビアヌス(英語表記)Gaius Octavianus

デジタル大辞泉の解説

オクタビアヌス(Gaius Octavianus)

[前63~後14]ローマの初代皇帝。在位、前27~後14。養父カエサルの暗殺後、アントニウスレピドゥスと第2回三頭政治を組織。のち、アクティウムの海戦でアントニウスを破り、ローマの単独支配者になってアウグストゥスの称号を受け、事実上の帝政を開始。ローマ文化の黄金時代をもたらした。オクタウィアヌス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

オクタビアヌス【Octavianus】

前63~後14) 古代ローマ皇帝(在位 前27~後14)。養父カエサルの死後アントニウス・レピドゥスとともに第二回三頭政治を組織。アクチウムの海戦でアントニウスを破り、紀元前27年元老院からアウグストゥスの称号を受けて元首政(事実上の帝政)を開始。秩序回復・属州統治・都市整備に尽力、パクス-ローマーナ(ローマの平和)の時代をもたらした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オクタビアヌス

(Gaius Octavianus ガイウス━) 古代ローマの初代皇帝(在位前二七‐後一四)。第二次三頭政治を行なう。のち、アントニウスをアクティウムの戦いで破り支配権を確立。元老院からアウグストスの称号を得て事実上の帝政を始め、古代ローマ文化の黄金時代をもたらした。(前六三‐後一四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android