オクタビアヌス(英語表記)Gaius Octavianus

デジタル大辞泉の解説

オクタビアヌス(Gaius Octavianus)

[前63~後14]ローマの初代皇帝。在位、前27~後14。養父カエサルの暗殺後、アントニウスレピドゥスと第2回三頭政治を組織。のち、アクティウムの海戦でアントニウスを破り、ローマの単独支配者になってアウグストゥスの称号を受け、事実上の帝政を開始。ローマ文化の黄金時代をもたらした。オクタウィアヌス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

オクタビアヌス【Octavianus】

前63~後14) 古代ローマ皇帝(在位 前27~後14)。養父カエサルの死後アントニウス・レピドゥスとともに第二回三頭政治を組織。アクチウムの海戦でアントニウスを破り、紀元前27年元老院からアウグストゥスの称号を受けて元首政(事実上の帝政)を開始。秩序回復・属州統治・都市整備に尽力、パクス-ローマーナ(ローマの平和)の時代をもたらした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オクタビアヌスの関連情報