コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オクラホマ・シティ オクラホマシティ

2件 の用語解説(オクラホマ・シティの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オクラホマ・シティ

米国,オクラホマ州の州都。州のほぼ中央に位置し,製油,鉄鋼,電気機器,食品加工などの工業が行われる。農産物の集散地。カウボーイ文化の中心地。1889年創建。57万9999人(2010)。
→関連項目オクラホマ[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オクラホマ・シティ
おくらほましてぃ
Oklahoma City

アメリカ合衆国オクラホマ州中央部にある同州の州都。人口50万6132(2000)。ノース・カナディアン川の北岸に位置し、州最大の都市で、政治、経済、商業、工業の中心地。面積では合衆国第2位の市域(1683平方キロメートル)をもち、三つの郡にまたがる。1928年に発見された油田地帯のなかにあり、州知事公邸の付近にまで油田が広がっている。石油が主産物で、油田用施設機械、航空機電気機械などの工場がある。周辺が農業地域であり、大規模な家畜置き場、肉缶詰工場、綿工場もある。近くのティンカー空軍基地は世界で最大規模の兵站(へいたん)で、多数の労働者を雇用している。
 1889年4月22日、先住民(アメリカ・インディアン)の領土の中央部が白人に開放されると、自営農地を求める人々が殺到して、1日で1万人の町が形成された。オクラホマとは「赤色人種」の意味で、1866年に先住民の領土を表すためにチョクトウ人の首長が提案し、市名となったものである。1910年に州都となった。州歴史博物館、カウボーイ博物館があり、州議事堂や動物園などとともに、観光の場所となっている。大学も多く、オクラホマ市立大学、オクラホマ・クリスチャン大学、オクラホマ大学医学部などがある。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オクラホマ・シティの関連キーワードインディアナポリスオースティンボアビスタモンテレーモントゴメリーリジャイナクリークオクラホマ位する州都

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オクラホマ・シティの関連情報