オス(読み)おす

世界大百科事典内のオスの言及

【わな猟(罠猟)】より

…ウツデッポウ,ハコデッポウ,オキデッポウなどといわれたが,旅人などに被害があるので,現在では厳しく禁じられている。大型野獣用のわなにはヤマまたはオスという圧殺装置がある。丸太を並べた枠を釣り上げて上に石をのせ,下に餌をおいて獣がこれを食おうとすると糸が引かれて支えがはずれ,獣を圧殺する。…

※「オス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android