コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オタカラコウ オタカラコウ

3件 の用語解説(オタカラコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オタカラコウ
オタカラコウ

「メタカラコウ (雌宝香)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オタカラコウ

キク科の多年草。秋田以南の日本,東アジアヒマラヤの暖〜温帯に分布し,深山の谷川のほとりなどにはえる。高さ1〜2m。根出葉は大きく心臓形で,長い柄がある。夏〜秋,茎の上部に,舌状花と筒状花からなる黄色の頭花を総状につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オタカラコウ
おたからこう
[学]Ligularia fischeri (Ledeb.) Turcz.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ1~2メートル。根出葉は数枚あり、いずれも長い葉柄がある。茎葉は少数で、葉柄は短い。7~11月、茎頂に総状花序をつけ、下部から開花する。花は舌状花と筒状花とからなる頭花で、上向きに開き、花が終わると下向きになる。舌状花は1頭花当り5~9個である。全体に小形ではあるが、これに似ているメタカラコウの舌状花は1頭花につき1~3個と少ない。深山の谷川や湿った斜面に群生する。ヒマラヤから中国中部を経て、日本の東北地方南部まで分布する。地方によってはキチガイブキとよばれる。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオタカラコウの言及

【メタカラコウ】より

…本州~九州から台湾,中国大陸にかけて分布する。本種に近縁なものにオタカラコウL.fischeri (Ledeb.) Turcz.(イラスト)がある。ヒマラヤから中国,シベリア東部から日本へと広く分布するが,北海道と東北地方北部にはない。…

※「オタカラコウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オタカラコウの関連キーワードハンカイソウナツシロギク高麗芝沢小車瑠璃玉薊キクカサスゲシラヤマギクネコノシタハンゴンソウ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オタカラコウの関連情報