コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オトコヨウゾメ Viburnum phlebotrichum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オトコヨウゾメ
Viburnum phlebotrichum

スイカズラ科の落葉低木で,本州,四国,九州の山地に生え,高さ 2mぐらいになる。若枝赤色を帯びるが,古くなると灰色となる。葉は対生し,葉身は卵状楕円形で先は鋭くとがり,縁には鋸歯がある。葉質はやや薄く,青緑色であるが,乾くと黒色になる。5~6月に,短枝の先に散房花序を出し垂れ下がる。花冠は直径 1cm以下,淡い桃色で美しく,先は5裂して平らに開く。秋に平らな広楕円形,赤色の核果がぶら下がってつく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オトコヨウゾメ
おとこようぞめ
[学]Viburnum phlebotrichum Sieb. et Zucc.

スイカズラ科の落葉低木。中部地方でガマズミのことをヨウゾメとよぶことから、男ガマズミの意味とする考えがある。しかし名前に似合わず、枝、葉、花序などはむしろ繊細で弱々しい印象がある。高さは2メートルほど。葉の裏には長い寝た毛があり、葉柄は短い。乾くと花とともに葉が黒くなる特徴がある。花序は散房形、柄が細いためすこし垂れぎみで、花の数も少ない。花は4~5月に開き、花冠は白、またはかすかに紅色を帯びる。果実は秋に赤く熟す。日本特産種で、本州、四国、九州の山地に普通にみられる。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオトコヨウゾメの言及

【ガマズミ】より

…前2種より高い所まで生育できる。オトコヨウゾメV.phlebotrichum Sieb.et Zucc.(イラスト)は花序の柄が細く,花の数が少なく,葉の裏面脈上に絹毛があり,乾くと黒くなる。常緑性のハクサンボクV.japonicum (Thunb.) Spreng.が本州暖地の沿海地から九州,琉球,小笠原に分布する。…

※「オトコヨウゾメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オトコヨウゾメの関連キーワードコバノガマズミスイカズラ科

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android