コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナシス Onassis, Jacqueline Kennedy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナシス
Onassis, Jacqueline Kennedy

[生]1929.7.28. ニューヨーク,サウスハンプトン
[没]1994.5.19. ニューヨーク
アメリカ第 35代大統領 J.F.ケネディの夫人。 1951年ジョージ・ワシントン大学卒業後,2年間『ワシントン・タイムズ・ヘラルド』誌のカメラマン,コラムニストとして勤務するが,53年9月にマサチューセッツ州出身の上院議員,ケネディと結婚。 57年に長女キャロラインを出産,60年ケネディ大統領就任の際には長男ジョン2世を身ごもっていた。その後,気品とファッショナブルな装いで大統領夫人として,国内外で人気を博した。しかし,63年ダラスでの大統領暗殺事件後は,息子ジョンへの献身的な母親というイメージに変容した。 68年にはギリシアの海運王 A.S.オナシスと結婚してギリシアに移住するが,75年のオナシス死去後ニューヨークに戻り,出版社ダブルデーの編集者として活躍。 94年の死去後,遺言によりケネディ大統領の隣 (アーリントン国立墓地) に埋葬された。

オナシス
Onasis, Aristotle Socrates

[生]1906.1.7. (現1.20. )スミルナ(現イズミル)
[没]1975.3.15. パリ
ギリシアの海運王。 1922年,トルコ軍によるスミルナ占領後,ブエノスアイレスへ単身移住して電話会社に勤務。タバコ輸入業で富を築き,30年にはアルゼンチンのギリシア総領事に就任。海運業の出発点は,31年に購入した6隻の中古船であった。その後,世界大恐慌を追い風にして,超安価で中古船を大量に購入。海運市場が回復する頃には,低賃金でギリシア船員を便乗させて便宜置籍国に登録し,オナシス・ファミリーで経営管理するという独特な経営戦略で不定期船市場に基盤を築いた。第2次世界大戦後は,2人の子どものアメリカ市民権名義でニューヨークに海運会社を設立し,アメリカ国有船の払下げとタンカー建造の政府融資を受けることに成功して,一大海運王の地位を得た。また歌手 M.カラスとの恋愛,ケネディ大統領夫人ジャクリーンとの結婚 (1968) などでも話題を集めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オナシス

世界的海運業者。ギリシア領のスミルナ(現トルコのイズミル)生れ。第1次大戦後アルゼンチンに渡り帰化。初めタバコの輸入販売業で成功。1931年中古船6隻を購入して海運業を始め,当時,大恐慌下の世界経済の中で中古船の利用と安い賃金ですむギリシア船員の配乗など独自な経営によって海運不況を乗り切り地位を固め,第2次大戦中にタンカー中心の巨大な企業体を米国ニューヨークに組織。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オナシス【Aristoteles Socrates Onassis】

1906‐75
世界的な大船主。ギリシア領だったスミルナ(現,トルコのイズミル)に生まれたが,トルコ人による1922年のスミルナ占領でギリシア本国に難を逃れ,翌年アルゼンチンのブエノス・アイレスに渡った。電話会社に就職した後,タバコの輸入販売で富を築いた。30年にブエノス・アイレスのギリシア総領事に任命され,31年に6隻の中古船を購入してはじめて船主となった。当時,世界経済は大恐慌下にあり,海運業も船腹過剰による不況に悩んでいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナシス
おなしす
Aristotle Socrates Onassis
(1906―1975)

ギリシアの海運王。トルコのイズミルで富裕なギリシア人たばこ商の子に生まれ、16歳のときアルゼンチンに移住、たばこ輸入商として成功。1930年代初め貨物船を購入し、海運業に乗り出し、36年には早くもタンカー船主となる。第二次世界大戦では連合国側に協力し、戦後は、アメリカが戦争中に建造した規格輸送船、リバティー船を安く購入し、財をなす。一時捕鯨船も保有したが日本に売却。戦後の大型タンカー導入の先駆者となり、56年、67年のスエズ運河閉鎖では巨利を博した。100以上の事業活動のなかにはオリンピック航空(1957設立)もある。68年ケネディ米大統領未亡人ジャクリーン(1929―94)と再婚。75年3月15日パリで死去。遺言により、130億ドラクマ(約336億円)以上と推定される遺産の半分は先妻との子クリスチーナへ、残りは飛行機事故で死亡した子息を記念するオナシス財団へ贈られた。[湯沢 威]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

オナシス

生年月日:1906年1月15日
ギリシャの船舶王
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

オナシスの関連キーワードアリストテレス・ソクラテス オナシスブトロス・ブトロス ガリデズモンド・ムピロ ツツキャロライン・ケネディジャクリーン オナシスエモリー ロビンスジミー カーターセントラルパークブエノスアイレスホワイトハウス便宜置籍船7月28日ジバンシー須賀 勇介レフカダ島生年月日払下げ湯沢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オナシスの関連情報