コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブリガート obbligato

翻訳|obbligato

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オブリガート
obbligato

音楽用語。本来は不可欠の楽器あるいは声部を意味する。アド・リビトゥムに対する語。今日では一般に助奏 accompagnamento obbligatoの意で,独奏あるいは独唱声部に対して協奏的に扱われる旋律的伴奏声部をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オブリガート(〈イタリア〉obbligato)

独奏または独唱部の効果を高めるため、伴奏楽器で奏される主旋律と相競うように奏される助奏。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オブリガート

音楽用語。イタリア語の原義は〈不可欠な,義務づけられた〉の意で,もとはアド・リビトゥムad libitum(思うままに,自由に)に対し抜かすことのできない声部,省いてはならない楽器をさした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

オブリガート【obbligato】

〔義務づけられたの意〕
一七~一八世紀の楽譜で、省くことのできない声部、あるいは楽器を指定したもの。 ↔ アド-リビトゥム
古典派以後の音楽で、主旋律と競うように奏される独立した旋律的伴奏。助奏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オブリガート
おぶりがーと
obbligatoイタリア語

音楽用語。原義は「必要欠くべからざる」の意で、17、18世紀の協奏的楽曲において、主旋律に次ぎ重要で、しかも変更が許されない声部のことをさす。「随意に」の意味でのアド・リビトゥムad libitumに対する語。とくに通奏低音を演奏する鍵盤(けんばん)楽器の場合、数字付き低音ではなく、演奏すべき音楽を完全に書き記した際にこの用語が用いられた。しかし、古典派以後は、主伴奏以外に、主旋律と相競うべく加えられた新たな旋律的伴奏accompagnamento obbligatoの形式をさすようになった。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オブリガートの関連キーワードバッハ:2声のインヴェンション/piano soloカウンター・メロディ[counter melody]ユーフォニウム[euphonium / Eup]対旋律[counter line]アドリビトゥム古典派音楽クンデラガムラン協奏曲

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android