オマル・ハイヤーム(英語表記)`Umar Khayyām

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オマル・ハイヤーム
`Umar Khayyām

[生]1048. ニーシャープール
[没]1131. ニーシャープール
ペルシアの詩人,科学者。雅号ハイヤームは「天幕作り」を意味し,おそらく父の職業からとったものであろう。在世中は詩人としてより偉大な科学者として知られ,セルジューク朝のマリク・シャーの保護を受け,天文観測で活躍,ジャラーリー暦制定に参加した。天文学,数学に精通,多くの科学書をアラビア語で著わし,中世科学史上に「オマル・ハイヤームの時代」を築き,偉大な足跡を残した。余暇にペルシア語で詠んだ『ルバーイヤート』 Rubā`īyāt (四行詩集) が 19世紀の中頃イギリスの詩人 E.フィッツジェラルドによって英訳され,以来詩人としても高く評価されるようになった。今日では世界的に最も有名なペルシア詩人である。彼の詩は,合理主義的悲観論,唯物主義的無神論,宿命論,不可知論が底流をなし,哲学的刹那主義が強調され,宗教的色彩はほとんどない。『ルバーイヤート』にはほかの詩人たちの作品もかなり混入していると思われ,真偽の判定は 19世紀以来諸学者の論議の的となって今日に及んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

オマル・ハイヤーム

生年月日:1048年5月15日
ペルシアの詩人,科学者
1131年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のオマル・ハイヤームの言及

【ウマル・ハイヤーム】より

…イランの詩人,天文学・数学・医学・科学者。オマル・ハイヤームとも呼ばれる。ニーシャープールに生まれ,26歳でセルジューク朝のスルタン,マリク・シャーの宮廷に登用された。…

※「オマル・ハイヤーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オマル・ハイヤームの関連情報