刹那主義(読み)セツナシュギ

デジタル大辞泉の解説

せつな‐しゅぎ【刹那主義】

過去や将来のことを考えないで、ただ現在の瞬間を充実させて生きればよいとする考え方。また、一時的な快楽を求めようとする考え方。「刹那主義の若者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せつなしゅぎ【刹那主義】

現在の瞬間を生きることに全力を尽くすという考え方。一般には一時的な快楽を追求する考え方をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刹那主義
せつなしゅぎ
momentalism

過去、未来を思わず、現在の刹那、瞬間に生きようとする考え方。文学的には、人間本来の欲望、感情、意志を重視、既成の価値観念を無視して刹那に全力を尽くす快楽主義の一種で、霊肉一致を理想とする。いっさいの宗教、道徳を排する世紀末的芸術至上主義に相通じる。一般には、日々の享楽のみを追求する生活態度をいう。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android