コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オメガ・ケンタウリ星団 オメガケンタウリせいだん

2件 の用語解説(オメガ・ケンタウリ星団の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オメガ・ケンタウリ星団【オメガケンタウリせいだん】

ケンタウルス座にある球状星団。NGC5139。数万個の星からなり,肉眼でも見える。距離1万6000光年。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オメガ・ケンタウリ星団
おめがけんたうりせいだん
ω Centauri

南天のケンタウルス座にあり(赤経13時27分、赤緯マイナス47度29分、2000年分点)、われわれにもっとも近い球状星団の一つである。NGC5139。ω(オメガ)星団ともいう。肉眼で見た明るさは約3.6等級あり、太陽からの距離は約1万7000光年と推定されている。全体では太陽の数百万倍の質量をもち、200個近い変光星を含んでいる巨大な星団である。理論的な視直径は2度近くあるが、通常見ることのできる大きさははるかに小さく、やや偏平である。百数十億年前に誕生したもっとも古い星団の一つと考えられているが、矮小(わいしょう)銀河の中心部ではないかとする説も出されている。星団の物理的性質を特徴づける水素より重い元素の含有率は個々の星々で大きなばらつきを示す。理論的研究の対象として重要である。[吉澤正則・藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オメガ・ケンタウリ星団の関連キーワード球状星団ケンタウルス座ケンタウロス星団プレアデス星団ヘルクレス座蛇遣い座猟犬座南の三角座タウル岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone