コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オモロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オモロ

琉球の古謡。宮古や八重山の古謡に対し,沖縄や奄美の島々に伝えられているものをさす。オモロ (ウムル) とオモイ (ウムイ) がある。一般には『おもろさうし』に採録されたものをオモロといい,地方に謡い伝えられているものをオモイという。語源は「思う」の意の動詞。発生年代は不明だが,本来は神前で呪女 (のろ) や神人 (かみんちゅ) が唱えたもので,呪術的性格が強い。ほとんどが抒情性を含む叙事的歌謡で,長短さまざまの形があり,曲節をつけて謡われた。謡われる場と目的,謡い手などにより,みおやだいりのオモロ (祭式) ,こねりオモロ (舞踊) ,えさオモロ,えとオモロ,地方オモロなどに類別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オモロ
おもろ

オモロは沖縄、奄美(あまみ)諸島に伝わる古歌謡で、これを首里(しゅり)王府で採録編纂(へんさん)したものが『おもろさうし』である。オモロの周辺に潜在するさまざまの歌謡群を比較検討することによって、オモロの性格がかなり明らかになった。地方の神祭りに密着し、集落の人々の生活に寄り添って神歌としての機能を果たしていたウムイが、16世紀に中央の首里に集められ、『おもろさうし』のなかに収められたとき、ウムイに対するにことさらなオモロという呼称が生まれたものであろう。つまり、地方に伝わるウムイを母胎にして、呼称、歌形、内容などが中央的に整理され整えられていったものがオモロである、ということができる。オモロは、発生起源をウムイ、クェーナ、さらにはオタカベ、ミセセルなどとよばれる呪詞(じゅし)、呪言(じゅごん)につなげて考えることができ、また叙情的傾斜をみせた琉歌(りゅうか)形式に近いものまで多様な内容を含むが、その本質は叙事歌として位置づけることができると思う。つまり、オモロに先行する文学形式としては、呪祷(じゅとう)文学としてのミセセル・オタカベ、叙事文学としてのクェーナ・ウムイがあり、後続するものとして叙情文学のウタ(琉歌)がある。オモロは、『おもろさうし』に収録された歌の内容から、ほぼ13世紀ごろから17世紀初頭にわたって謡われたと推定される。作者は多少の例外を除いて不明である。しいていえば民謡と同じく社会がその作者である。それだけにオモロは、背景をなす民俗、信仰、世界観などを明らかにしないと、一首の意味をつかむことはむずかしい。
 オモロの謡われた時代を仲原善忠(ぜんちゅう)は、部落時代、按司(あじ)時代、王国時代の三つに区分した。部落時代の主題は神であり、太陽であり、祭祀(さいし)儀礼が中心である。按司時代には、築城、造船、貢租、貿易、按司の賛美などが多く謡われ、集団舞踊を伴う「ゑさおもろ」が発生した。王国時代になると、国王の礼賛、建寺、植樹、貢租、造船、貿易、航海、属島征伐など非農村的な主題が多くなり、一種の労働歌である「ゑとおもろ」が生まれた。しかし、『おもろさうし』のなかでもっとも目をひくのは、巻1に代表される王家を中心にした神歌で、『おもろさうし』の成立が第二尚王朝による中央集権の強化と、それに伴う政教一致の支配体制の確立と深くかかわっていることが明らかである。
 オモロの歌形は、クェーナ形式、オモロ形式、両者の複合した複合形式の三つに分類できる。クェーナ形式は対語・対句を繰り返しながら事柄の叙述を進めていく歌謡形式で、南島の神歌が普遍的に共有している歌形であり、古い歌形であると思われる。オモロ形式は、対語・対句による繰り返しをもたずに事柄の叙述を進め、叙述が短く構造化されていることと、その叙述を4行目もしくは5行目くらいで反復して繰り返すという特徴をもっていて、歌形の新しい発展と考えられる。この両者の形を複合的にあわせもつのが複合形式で、オモロのなかではもっとも数が多い。[外間守善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオモロの言及

【沖縄[県]】より

…彼女らは官人でその職責は世襲であるが,その継承にあたっては種々の違いが認められる。ノロは〈ノロ殿内(どんち)〉に住んで,担当の祭祀管轄区域内の祈願儀礼を行い,御嶽(おたけ∥うたき)や拝所でオモロをうたい,オタカベ(お崇べ)を唱えた。オタカベは祭礼のよき日と神の出自をたたえた神への祈願の言葉をいう。…

【おもろさうし】より

…沖縄最古の歌謡集。オモロまたはウムイは,沖縄・奄美諸島に伝わる古い歌謡のこと。ほぼ12世紀ころから17世紀初頭にわたってうたわれた島々村々のウムイを首里王府で採録したのが《おもろさうし》22巻である。…

※「オモロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オモロの関連キーワードギルマ・ウォルドギオルギスヤナインジギルカ低地ベルホヤンスク山脈チャド・マレーンユカギール高原花菱 アチャコ藤田 まことオモロー山下人生 幸朗コルイマ川田島利三郎伴 淳三郎ユカギール沖縄音楽混効験集おなり神沖縄芸能サモス島沖縄文学阿麻和利

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オモロの関連情報