コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランダ屋敷 オランダやしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランダ屋敷
オランダやしき

江戸幕府がキリシタン根絶を目的として,ポルトガル人を隔離,集合居住させるため長崎江戸町前の海を埋立てて造った築島 (つきしま) ,出島の総称。鎖国の結果,寛永 18 (1641) 年以後オランダ人の専用居留地となり,カピタン (甲比丹) 部屋をはじめ,事務所,倉庫,庭園などがあり,鎖国期間中は唯一の西洋情緒を伝えた場所であったので,この称がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

オランダやしき【オランダ屋敷】

江戸時代、長崎の出島にあったオランダ人の商館。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

オランダ屋敷の関連キーワード江戸時代江戸幕府屋敷

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android