コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルホン川 オルホンがわOrhon gol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルホン川
オルホンがわ
Orhon gol

モンゴル北部を流れる川。ハンガイ山脈中に源を発し,北東流する。トール川次いでハラー川を合せ,ロシアとの国境付近でセレンゲ川に合流する。全長 1124km。流域一帯は旧石器時代の遺跡が多く,早くから人類が居住したことを示す。また牧畜に適し,多くの遊牧民の根拠地となり,上流のカラコルム (ハラホリン) にはモンゴル帝国の初期の首都がおかれた。谷ではコムギが栽培される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルホン川
おるほんがわ
Orkhon

モンゴル北部を流れる川。ハンガイ山脈東部に発し、タミル川、トーラ川、ハラー川、ヨロー川などをあわせ、セレンガ川に流入する。全長1124キロメートル、流域面積約13万3000平方キロメートル、下流の川幅は100~150メートルに及ぶ。10月から4月中旬まで凍結する。流域はモンゴル有数の豊かな山岳森林ステップが広がり、古来遊牧民が活躍した地で、13世紀のモンゴル帝国最初の首都カラコルムもこの上流に建設された。現在は牧畜のほか、この川の水を灌漑(かんがい)に利用して農業が行われている。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オルホン川の関連キーワードスフバートル(モンゴル)V.L.P. トムセンオルホン渓谷文化的景観ホショーツァイダム遺跡カラ・バルガスンハルバルガス遺跡ハラ・バルガスンツェツェルリクアルハンガイ州哈喇和林・和林ウランバートルツェツェルレグオルホン渓谷オルホン碑文スフバートルスヘバートルモンゴル高原トラ[川]オルホン滝ボルガン州

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android