コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オロフレ峠 オロフレとうげ

1件 の用語解説(オロフレ峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オロフレ峠
オロフレとうげ

北海道南西部,登別市と壮瞥 (そうべつ) 町の境をなす峠。標高 940m。地名はアイヌ語のオロフレ (水の中が赤い意) 川に由来。オロフレ山 (1231m) 南西方に位置し,展望台から洞爺湖太平洋,倶多楽 (くったら) 湖,樽前山羊蹄山などを一望できる支笏洞爺国立公園有数の景勝地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオロフレ峠の言及

【壮瞥[町]】より

…また,黒毛牛などの肉牛の飼育も行われ,近年は地熱利用のハウス栽培も注目されている。支笏洞爺国立公園に含まれ,洞爺湖や昭和新山のほか,太平洋の眺望とお花畑で知られるオロフレ峠など景勝地が多い。また洞爺湖南岸に壮瞥温泉(ボウ硝泉,67~91℃),長流川沿いに蟠渓温泉(セッコウ泉,65~70℃),支流ベンケ川沿いに弁景温泉(食塩泉,53~65℃)がある。…

【登別[市]】より

…1949年北西にあるカルルス温泉とともに支笏洞爺(しこつとうや)国立公園の一部に指定された。温泉北東部にはミズナラ,クマイザサ群落を中心に各種の広葉樹が混生する登別原始林(天),北西方には羊蹄山や洞爺湖の眺望にすぐれるオロフレ峠(930m)がある。【奥平 忠志】。…

※「オロフレ峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オロフレ峠の関連キーワード登別北海道登別市上登別町北海道有珠郡壮瞥町北海道有珠郡壮瞥町壮瞥温泉北海道登別市中登別町北海道登別市登別温泉町北海道登別市登別東町北海道登別市登別本町北海道登別市登別港町北海道登別市鷲別町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オロフレ峠の関連情報