コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーニソガラム オーニソガラム Ornithogalum; ornithogalum

6件 の用語解説(オーニソガラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーニソガラム
オーニソガラム
Ornithogalum; ornithogalum

ユリ科オーニソガラム (オオアマナ) 属の総称。ヨーロッパアフリカ西アジアに約 100種が分布する球根性多年草。線形または披針形の葉を根出させ,中心部から花茎を伸ばす。花は6枚の花被片から成り,散房または総状花序を形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーニソガラム(Ornithogalum)

ユリ科の多年草。ヨーロッパおよびアフリカ原産。花壇・切り花用。5月下旬ごろ6弁の純白花をつける。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オーニソガラム

ヨーロッパ,アフリカ,西アジア原産のユリ科の一属。日本にもオーニソガラム・アラビカム,オーニソガラム・シルソイデス,オーニソガラム・コウダタム,オーニソガラム・ウンベラタム,オーニソガラム・サウンデルシアエ等,数種が栽培されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オーニソガラム【Ornithogalum L.】

ユリ科の球根植物。観賞するため栽植される。原産地小アジア地中海沿岸地方,南アフリカなどで,約150種が知られている。通常は秋植え球根として扱われ,地中海付近のものは耐寒種で,南アフリカのものには半耐寒種が多い。葉は多肉質の披針形で根生し,普通5~8枚が地に接して広がり,中心より花茎を出し開花する。高性種は切花向きに,矮性(わいせい)種は花壇,鉢植えに利用される。花は白色が多く,花弁が厚く花もちが良い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オーニソガラム【Ornithogalum】

ユリ科オオアマナ属の球根植物。ヨーロッパ・アフリカ・西アジア原産。約100種が知られる。花は総状または散房花序。草丈50~60センチメートル、花被が純白でめしべが黒色のクロボシオオアマナ、花が白色で星形に開く矮性わいせいのオオアマナなどが観賞用に栽培される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーニソガラム
おーにそがらむ
Ornithogalum

ユリ科の1属名。ヨーロッパ、アフリカ、西アジア原産の球根草で、約100種知られている。花は6花被片(かひへん)からなり、無葉の花茎に総状または散房花序をつける。花色は多くは白で、まれに黄色種もある。園芸的に優れた種類が花壇用や切り花用として栽培される。[平城好明]

種類

アラビカム(和名クロホシオオアマナ)O. arabicum L.は地中海沿岸原産で、50~60センチメートルの花茎に、純白の花を6~12個総状に開く。雌しべが大きく黒色で、花被との対照が美しい。植え付けは10月中旬から11月下旬で、花期は5月。夏に葉が枯れたら掘り上げる。ウンベラータム(英名スター・オブ・ベツレヘム、和名オオアマナ)O. umbellatum L.は地中海沿岸原産で、耐寒性のある矮性(わいせい)種。茎は高さ20~30センチメートル、花は白色で花弁の裏は緑色。花壇や鉢植えに適する。シルソイデスO. thyrsoides Jacq.は南アフリカ原産で、円錐(えんすい)花序に白色花を密につける。花もちがよいので切り花用に栽培する。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーニソガラムの関連キーワードグラジオラスハナニラ(花韮)アリウムキルタンサスネリネヒッペアストラムタマスダレパイナップル・フラワーブルンスビギア球根植物

オーニソガラムの関連情報