コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーブリー オーブリー Aubrey, John

3件 の用語解説(オーブリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーブリー
オーブリー
Aubrey, John

[生]1626.3.12. ウィルトシャー,イーストンパーシー
[没]1697.6. オックスフォード
イギリスの好古家。オックスフォード大学に学ぶ。生前に出版された著作は,夢,幻,幽霊の話を集めた『雑録』 Miscellanies (1696) だけだが,多くの遺稿を残した。主として A.ウッドの伝記事典 (1691~92) のために集めた噂の覚え書は『小伝』 Brief Livesとして知られるもので,シェークスピアをはじめとする名士のすぐれた逸話集になっているが,細かい点では信頼性に乏しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オーブリー【John Aubrey】

1626‐97
イギリスの好古家。オックスフォードやロンドンで法律を学んだが定職に就かず,イギリスの地誌や故事を調べ特定の人物たちの生活資料を収集して一生を過ごした。生存中に世に出たのは地方の怪談奇譚を集めた《雑録》(1696)1編のみであるが,シェークスピア,ジョンソンミルトンホッブズら多くの文人や著名人に関する記録と風聞・逸話をないまぜにし,簡潔で力強い独自の散文で綴った短い伝記的文章は,後代の人によって《小伝記集》という題で出版された(初版1813)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーブリー
おーぶりー
John Aubrey
(1626―1697)

イギリスの伝記作者。学生時代から好古趣味をもち、幽霊や錬金術に関する『雑録』(1696)を出版したが、やがて生来の社交性を生かして当時の各界名士の伝記的メモを残した。簡潔で生き生きとした散文は、J・ボズウェルの『ジョンソン伝』を思わせる『小伝記集』(1813)となり、「デカルトは壊れたコンパスを使っていた」とか、「ホッブズは、健康のために毎晩ドアを閉めた部屋の中で歌っていた」などのおもしろい記事もある。[樋渡雅弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーブリーの関連キーワードウィルソンの霧箱ウィルトンカーペットミッドウィルシャーウィルヘルミナ山アナリス ウィルウィルキンソン タンサンスター・ウィルスナノフィルトウィルソン霧箱ウィル・オ・ザ・ウィスプ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーブリーの関連情報