オープン(読み)おーぷん

デジタル大辞泉の解説

オープン(open)

[名](スル)
営業や催しを始めること。開業。開店。開幕。「新しいゴルフ場がオープンする」⇔クローズ
閉じてあるものを開けること。開放。公開。⇔クローズ
サッカーなどで、相手のプレーヤーがいない方面。「オープンスペース」
オープンゲーム」の
[形動]隠しだてのないさま。開放的。「オープンに話し合う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

オープン【open】

( 名 ) スル
店や会場が開くこと。営業を始めること。開店。開業。開場。 「 -したばかりのゴルフ場」
主に外来語に付いて、「屋外」「制限されていない」「公式でない」などの意を表す。 「 --セット」 「 --コース」 「 -参加」
( 形動 )
かくしだてがなく、あけっぴろげであるさま。 「会議での結論は-にすべきだ」 「 -な態度で話す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オープン

〘名〙 (open)
① (━する) 開くこと。特に、商店、施設などが新たに営業をはじめること。また、その日の営業をはじめること。開店。〔舶来語便覧(1912)〕
※海を見ていたジョニー(1967)〈五木寛之〉一「開店(オープン)の時間がせまっていた」
② (形動) (態度などが)あけっぴろげなこと。開放的。
千曲川のスケッチ(1912)〈島崎藤村〉七「Open で、質素で、簡単で、半ば野外にさらけ出されたやうなのが、彼等の生活だ」
③ 一般に開かれていること。誰でも出入り、参加のできること。
④ 空間的に広々として、さえぎるもののないさま。おおいのないさま。「オープンスペース」
⑤ 「オープンシャツ」の略。
⑦ 「オープンカー」の略。〔アルス新語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オープンの関連情報