公然(読み)コウゼン

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぜん【公然】

[ト・タル][文][形動タリ]
世間一般に知れ渡っているさま。また、他人に隠さずおおっぴらにするさま。「公然と酒を飲む」「公然たる事実」
不特定または多数の人が知ることのできる状態にあるさま。法律上でいう。
[副]隠しだてをせずに、おおっぴらに行動するさま。
「陪審に及ばずとて、―この案を決して」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公然 こうねん

1669-1730 江戸時代前期-中期の僧。
寛文9年6月生まれ。内大臣花山院定誠(さだのぶ)の猶子(ゆうし)。天台宗。寛永寺執当をへて宝永7年浅草寺貫首となる。享保(きょうほう)4年から本堂などの修復のため十万人講中を組織。また備前(岡山県)金山寺から温座陀羅尼(おんざだらに)の行法を伝承するなど,のちの同寺の基盤をかためた。享保15年11月20日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぜん【公然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広く知れわたっているさま。おおっぴらであるさま。 「 -たる事実」
物事を人にはばからずに行うさま。 「 -と口にする」 「私は-雪江さんの部屋へ入る権利がある/平凡 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公然の関連情報