コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公然 コウゼン

4件 の用語解説(公然の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぜん【公然】

[ト・タル][文][形動タリ]
世間一般に知れ渡っているさま。また、他人に隠さずおおっぴらにするさま。「公然と酒を飲む」「公然たる事実」
不特定または多数の人が知ることのできる状態にあるさま。法律上でいう。
[副]隠しだてをせずに、おおっぴらに行動するさま。
「陪審に及ばずとて、―この案を決して」〈中村訳・西国立志編

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公然 こうねん

1669-1730 江戸時代前期-中期の僧。
寛文9年6月生まれ。内大臣花山院定誠(さだのぶ)の猶子(ゆうし)。天台宗寛永寺執当をへて宝永7年浅草寺貫首となる。享保(きょうほう)4年から本堂などの修復のため十万人講中を組織。また備前(岡山県)金山寺から温座陀羅尼(おんざだらに)の行法を伝承するなど,のちの同寺の基盤をかためた。享保15年11月20日死去。62歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

産学連携キーワード辞典の解説

公然

「公然」とは、秘密の状態でなくなったことを指す。守秘義務の有無によって判断され、知っている人数は「公然」の状態の判断に影響しない。特許の権利化にあたって、新規性の有無の判定に関係する。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうぜん【公然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広く知れわたっているさま。おおっぴらであるさま。 「 -たる事実」
物事を人にはばからずに行うさま。 「 -と口にする」 「私は-雪江さんの部屋へ入る権利がある/平凡 四迷

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公然の関連キーワード九条輔実常行池田政倚小瀬復庵川勝雲堂朽木定盛久米田杉尋孝以妻木頼隆真部子明

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公然の関連情報