カイカムリ(貝被)(読み)カイカムリ(英語表記)Dromia dehaani

世界大百科事典 第2版の解説

カイカムリ【カイカムリ(貝被) Dromia dehaani】

甲殻綱カイカムリ科のカニで,幅10cmほどになる大型種(イラスト)。甲は褐色で表面は強く盛り上がり,硬い短毛で密に覆われている。第3,4脚がごく小さく,背中側にかたよって位置している。東京湾以南の太平洋に分布し,浅海岩場でカイメンなどを背負って身を隠している。和名貝殻を背負うということからついたが,野外ではそのようなことはない。紀伊半島以南の太平洋,インド洋にはさらに大型で甲幅20cmのオオカイカムリDromidiopsis dormiaがすむが,磯や浅海にはカイメンや群体ボヤを背負っているイソカイカムリCryptodromia tumidaやミゾカイカムリC.canaliculata,フクイカムリPetalomera fukuii,ワタゲカムリP.wilsoniなど小型種が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android