コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイカムリ(貝被) カイカムリ Dromia dehaani

1件 の用語解説(カイカムリ(貝被)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カイカムリ【カイカムリ(貝被) Dromia dehaani】

甲殻綱カイカムリ科のカニで,甲幅10cmほどになる大型種(イラスト)。甲は褐色で表面は強く盛り上がり,硬い短毛で密に覆われている。第3,4脚がごく小さく,背中側にかたよって位置している。東京湾以南の太平洋に分布し,浅海の岩場でカイメンなどを背負って身を隠している。和名は貝殻を背負うということからついたが,野外ではそのようなことはない。紀伊半島以南の太平洋,インド洋にはさらに大型で甲幅20cmのオオカイカムリDromidiopsis dormiaがすむが,磯や浅海にはカイメンや群体ボヤを背負っているイソカイカムリCryptodromia tumidaやミゾカイカムリC.canaliculata,フクイカムリPetalomera fukuii,ワタゲカムリP.wilsoniなど小型種が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カイカムリ(貝被)の関連キーワード甲殻類ズワイガニ御幘の冠貝被鰹の冠冠句唐冠貝湯被りカムリアカイカ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone