コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイロネイアの戦い カイロネイアのたたかい Battle of Chairōneia

3件 の用語解説(カイロネイアの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイロネイアの戦い
カイロネイアのたたかい
Battle of Chairōneia

前 338年マケドニアフィリッポス2世アテネテーベギリシア連合軍との間で行われた戦い。マケドニア勢の伸張を恐れたギリシア諸国は,フィリッポスの和平提案をすべて拒否したため,同年8月ボイオチア北部のカイロネイアで両軍の決戦が行われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カイロネイアのたたかい【カイロネイアの戦い】

紀元前338年マケドニア王フィリッポス二世がアテネ・テーベ連合軍をギリシャ中部の都市カイロネイアで破り、ギリシャに覇権を確立した戦い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイロネイアの戦い
かいろねいあのたたかい

紀元前338年、新興の王国マケドニアのフィリッポス2世がギリシアのポリス的自由に事実上の終止符を打った戦い。ギリシア全土の覇権確立を目ざすフィリッポスの中部ギリシア進出に直面して、前339年、アテネは、雄弁家デモステネスの主導によって、宿敵テーベと同盟を結んだ。翌年、ギリシア連合軍は南下する敵を中部ギリシアの要衝カイロネイアChaironeiaで迎え撃った。ギリシア軍約3万5000、マケドニア軍歩兵3万、騎兵2000と、兵力はほぼ互角であったが、斜線陣の左翼騎兵部隊を指揮するアレクサンドロスによって、ギリシア軍の主力であるテーベの「神聖隊」が撃破され、アテネ軍も包囲されて壊滅的打撃を受けた。勝利したフィリッポスは翌年「ヘラス連盟」を結成し、ギリシア支配を実現した。[篠崎三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイロネイアの戦いの関連キーワードマケドニア王国マケドニア戦争フィリッポスΦιλιππούπολιςΦιλίππειονカイロネイアの戦フィリッポス[2世]アンティパトロスフィリッポス[5世]フィリッポス[3世]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カイロネイアの戦いの関連情報