コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイロネイアの戦い カイロネイアのたたかいBattle of Chairōneia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイロネイアの戦い
カイロネイアのたたかい
Battle of Chairōneia

前 338年マケドニアフィリッポス2世アテネテーベのギリシア連合軍との間で行われた戦い。マケドニア勢の伸張を恐れたギリシア諸国は,フィリッポスの和平提案をすべて拒否したため,同年8月ボイオチア北部のカイロネイアで両軍の決戦が行われた。装備,戦術にまさるマケドニア軍が勝利を得,ギリシアの重装歩兵 (ホプリタイ ) を中心とする戦術は,軽歩兵を中心とする新戦術に打ち破られた。この勝利によってマケドニアの軍事的優勢は決定的となり,ギリシア諸国に対する覇権を確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

カイロネイアのたたかい【カイロネイアの戦い】

紀元前338年マケドニア王フィリッポス二世がアテネ・テーベ連合軍をギリシャ中部の都市カイロネイアで破り、ギリシャに覇権を確立した戦い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイロネイアの戦い
かいろねいあのたたかい

紀元前338年、新興の王国マケドニアのフィリッポス2世がギリシアのポリス的自由に事実上の終止符を打った戦い。ギリシア全土の覇権確立を目ざすフィリッポスの中部ギリシア進出に直面して、前339年、アテネは、雄弁家デモステネスの主導によって、宿敵テーベと同盟を結んだ。翌年、ギリシア連合軍は南下する敵を中部ギリシアの要衝カイロネイアChaironeiaで迎え撃った。ギリシア軍約3万5000、マケドニア軍歩兵3万、騎兵2000と、兵力はほぼ互角であったが、斜線陣の左翼騎兵部隊を指揮するアレクサンドロスによって、ギリシア軍の主力であるテーベの「神聖隊」が撃破され、アテネ軍も包囲されて壊滅的打撃を受けた。勝利したフィリッポスは翌年「ヘラス連盟」を結成し、ギリシア支配を実現した。[篠崎三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カイロネイアの戦いの関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)デモステネス(雄弁家、政治家)アレクサンドロス3世(大王)総合年表(ヨーロッパ)ポリス(都市国家)ケーロネアの戦いフィリペイオンエウボイア島リュクルゴスボイオティアヘレニズムギリシャカレス

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android