コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カインの末裔 カインノマツエイ

3件 の用語解説(カインの末裔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カインのまつえい【カインの末裔】

有島武郎短編小説。大正6年(1917)発表。北海道の厳しい自然の中で転落していく粗野な農民、仁右衛門の姿を描く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カインのまつえい【カインの末裔】

有島武郎の短編小説。《新小説》1917年(大正6)7月号に発表。題名は旧約聖書の《創世記》にみえるカインに由来する。無知で奔放で自然人的な下層小作人広岡仁右衛門が,北海道の酷烈な自然とたたかいたくましく生きるが,隷従的な生き方の他の小作人たちとなじめず,農場主の権力にもうちかてず,悲運も重なって,あてもなく農場を去る悲劇を描く。開拓農場の隷従的な労働の実態もリアルに描き出している。【西垣 勤】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カインの末裔
かいんのまつえい

有島武郎(たけお)の短編小説。1917年(大正6)7月『新小説』に発表。一部改稿して、翌年2月新潮社刊『有島武郎著作集』第3集に収録。「自己を描出したに外ならない『カインの末裔』」(1919・1『新潮』)で作者自身が述べているように、無知で野性的な主人公仁右衛門が、「生きねばならぬ激しい衝動」に動かされて、農場社会からは疎外され、北海道の過酷な自然とも闘って敗れる「苦しい生活の姿」を描く。主人公には、実際に有島農場で働いていたモデルが確認されているが、作者自身の「生に対する執着」という人間認識を仮託した人物であることは、自註(じちゅう)に明らかである。このほか、聖書に取材した神話的な題名の問題や、農場問題との関係など、多様な側面をもっている。[山田俊治]
『『カインの末裔』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カインの末裔の関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)国連教育科学文化機関ユネスコUNESCO

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カインの末裔の関連情報