コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ諸島 カイしょとうKepulauan Kai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイ諸島
カイしょとう
Kepulauan Kai

インドネシア,マルク (モルッカ) 諸島南部にある島群。ニューギニア島の南西方にあり,カイブサル島,カイクチル島などから成る。住民は木彫やカヌー造りにすぐれる。良質の木材を産するほかコプラ,ナマコなどを移出する。中心集落はトゥアル。人口約 11万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カイ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【カイ諸島】

Kepulauan Kai》インドネシア東部、モルッカ諸島東部に属す諸島。イリアンジャヤニューギニア島西部)の南西沖、バンダ海に浮かぶ。カイクチル島、カイブザル島をはじめ、多くの小島からなる。密林に覆われ、焼畑農業、真珠養殖が行われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイ諸島
かいしょとう
Kepulauan Kai

インドネシア東部、西イリアン(ニューギニア島西部)南西岸沖にある諸島。モルッカ(マルク)諸島に属し、バンダ海東部、小スンダ列島東端のアルー諸島の西方に位置する。カイ・クチル島とカイ・ブザル島を主島とし、そのほか多数の小島からなる。別称エワブEwab諸島。面積1440平方キロメートル。全島密林に覆われ、主要産物は木材のみである。住民はパプア系種族で、造船技術に優れている。中心地はカイ・クチル島北部のトゥアル。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カイ諸島の関連キーワードマルク諸島カイエビスカイ諸島民アル海盆ワラス線マルク州

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android