コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ諸島 カイしょとうKepulauan Kai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイ諸島
カイしょとう
Kepulauan Kai

インドネシア,マルク (モルッカ) 諸島南部にある島群。ニューギニア島の南西方にあり,カイブサル島,カイクチル島などから成る。住民は木彫やカヌー造りにすぐれる。良質の木材を産するほかコプラ,ナマコなどを移出する。中心集落はトゥアル。人口約 11万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カイ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【カイ諸島】

Kepulauan Kai》インドネシア東部、モルッカ諸島東部に属す諸島。イリアンジャヤニューギニア島西部)の南西沖、バンダ海に浮かぶ。カイクチル島、カイブザル島をはじめ、多くの小島からなる。密林に覆われ、焼畑農業、真珠養殖が行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイ諸島
かいしょとう
Kepulauan Kai

インドネシア東部、西イリアン(ニューギニア島西部)南西岸沖にある諸島。モルッカ(マルク)諸島に属し、バンダ海東部、小スンダ列島東端のアルー諸島の西方に位置する。カイ・クチル島とカイ・ブザル島を主島とし、そのほか多数の小島からなる。別称エワブEwab諸島。面積1440平方キロメートル。全島密林に覆われ、主要産物は木材のみである。住民はパプア系種族で、造船技術に優れている。中心地はカイ・クチル島北部のトゥアル。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カイ諸島の関連キーワードマルク諸島カイエビスカイ諸島民アル海盆マルク州ワラス線

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android