コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウンター・テナー counter‐tenor

世界大百科事典 第2版の解説

カウンター・テナー【counter‐tenor】

男性アルト歌手。15世紀中ごろ定旋律(テノール)に対してコントラテノール・アルトゥスcontratenor altus(contraはラテン語で〈…に対する〉の意味で,テノールに対して高い声部をいう)とコントラテノール・バッススcontratenor bassus(テノールに対して低い声部)が付加され後世の音楽で基本となる4声部書法が確立し,ポリフォニックな教会音楽が多く作曲された。しかし教会では女声が使われなかったため,コントラテノール・アルトゥスの声部は男声のファルセットによって歌われ,イギリスではその歌手をカウンター・テナーと呼んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カウンター・テナーの関連キーワードヨッヒェン コヴァルスキーフィリップ ジャルスキーアルフレッド デラーアンドレアス ショルブライアン アサワデラー・コンソートルネ ヤーコプスドミニク ヴィス藤岡 宣男川島大典丹羽勝海デラー

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カウンター・テナーの関連情報