カウンター・テナー(英語表記)counter‐tenor

世界大百科事典 第2版の解説

カウンター・テナー【counter‐tenor】

男性アルト歌手。15世紀中ごろ定旋律(テノール)に対してコントラテノール・アルトゥスcontratenor altus(contraはラテン語で〈…に対する〉の意味で,テノールに対して高い声部をいう)とコントラテノール・バッススcontratenor bassus(テノールに対して低い声部)が付加され後世の音楽で基本となる4声部書法が確立し,ポリフォニックな教会音楽が多く作曲された。しかし教会では女声が使われなかったため,コントラテノール・アルトゥスの声部は男声ファルセットによって歌われ,イギリスではその歌手をカウンターテナーと呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android