コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

声域 セイイキ

3件 の用語解説(声域の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せい‐いき〔‐ヰキ〕【声域】

発声可能な声の高低の範囲。その区域により、女声はソプラノメゾソプラノアルト、男声はテノール・バリトン・バスに分けられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいいき【声域】

発声できる高低の範囲。 「広い-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

声域
せいいき

人が声として出しうる最高音と最低音との範囲を「生理学的声域」というのに対し、人が歌唱に使用することのできる声の高低の範囲を「音楽的声域」という。ただし、一般的には声域とだけいって、後者を意味する場合が多い。この音楽的声域は、おおむねE2からF6までの約4オクターブにわたっているが、そのうち一個人の声域は、およそ2オクターブの範囲に限られている。音楽的声域を大きく四声作法に分けると、女声のソプラノとアルト、男声のテノールとバスになる。さらに声楽の分野では、これらの類型に加え、ソプラノとアルトの中間にメゾ・ソプラノを、テノールとバスの中間にバリトンを交えて六つの分割がなされる。これらの各音域は、に示すとおりである。ただ、この譜表はあくまでも平均的なものであるため、最高音はB5音となっているが、コロラトゥーラとよばれるソプラノのもっとも高いものには、F6を必要とするような声域もある。なお、このような音域による分類を基にし、声の音色の特性や声区の変換域などを考慮して、歌手の声種は決定される。[黒坂俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の声域の言及

【声】より

… もちろん男でも女でも,ある範囲内で声の高さを変えることができる。この範囲を声域といい,男のほうが低いほうにずれている。高い声を出そうとすると,喉頭の筋肉の一つである輪状甲状筋とよばれる筋が働いて声帯を前後方向に引き伸ばし声帯の緊張が高められる。…

※「声域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

声域の関連キーワード検潮声楽落差音域区域空域稽留熱声律発声法特定行政長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

声域の関連情報