コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルセット falsetto

翻訳|falsetto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファルセット
falsetto

音楽用語。裏声仮声のこと。男声の最高音域の声区。声帯を部分的に震わせることによって得られる響きで,男声アルト,カウンターテナーとも呼ばれる。ルネサンス時代には合唱曲のソプラノやアルトが好んでファルセットで歌われたが,この習慣は今日イギリスのみに残っている。アルプス地方のヨーデルもファルセット唱法を用いる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ファルセット(〈イタリア〉falsetto)

通常の声域より高い声で歌う唱法。また、その声域。男声にいう。仮声。裏声。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ファルセット

裏声

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファルセット【falsetto】

女声の頭声に似た響きの男声の高い声。邦楽の裏声と共通の声楽技法。ファルセットの際,ストロボスコープで観察すると,声帯の中央部が卵形に開いた状態にある。16世紀の多声音楽では,アルトやソプラノがファルセットによって歌われ,カストラートに対して〈自然な声〉と呼ばれた。こうした習慣は19世紀まで続き,今日でもイギリスの男声合唱〈グリー〉や,音色効果を生かして民俗音楽(スイスのヨーデルなど)に使われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ファルセット【falsetto】

男性歌手が頭声とうせいよりもさらに高い声域で歌う技法。また、その声域。仮声かせい。裏声。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファルセット
ふぁるせっと
falsetto 英語 イタリア語

声楽における発声技法の一種。男性歌手が声域の上限を広げるために用いる高い声。日本では一般に「裏声」とよばれる。16、7世紀のイギリスでとくに重要な発声技法で、これを売り物にする歌手も多く存在した。彼らはメイル・アルトmale altoまたはカウンター・テナーcounter tenorとよばれ、女性のアルトと同じ声域を出していた。しかしカストラート(少年時の声域を保つため去勢した男性歌手)とは異なり、声量の面で力強さを欠くため、今日ではテノール歌手がときおりこの技法を用いる程度である。ポピュラー音楽の世界では男性ソウルシンガーが好んでこの技法を用い、民俗音楽の分野ではスイスのヨーデル、日本の民謡『ホーハイ節』などに使われている。[アルバレス・ホセ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のファルセットの言及

【ヨーデル】より

…通常の低い胸声と高い頭声,仮声(ファルセット)とを急激に交替させて歌う特別な唱法。音質の転換の点で男声のヨーデルがとくに美しい。…

※「ファルセット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファルセットの関連キーワードアース・ウインド&ファイアーエモーショナル・レスキューアメリカインディアン音楽ハワイアン・ミュージックグリーン ガートサイドヨーデル[yodel]スタイリスティックスカウンター・テナーテンプテーションズハワイアン音楽メイフィールドANGELAatsukoモンゴル音楽三上由理恵ビージーズ吉内里美岡本知高甲斐祐次デラー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファルセットの関連情報