コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カグラザメ Hexanchus griseus

世界大百科事典 第2版の解説

カグラザメ【Hexanchus griseus】

カグラザメ目カグラザメ科の海産魚(イラスト)。英名は鰓孔(えらあな)数をそのままとってsixgill sharkという。日本近海ではカグラザメ科にカグラザメ,シロカグラ,エドアブラザメエビスザメの4種が知られているが,カグラザメは鰓孔数が6対あることで7対ある他の2種と区別される。カグラザメ属には2種類あり,日本近海では2種とも知られている。太平洋,インド洋,大西洋の熱帯から温帯にかけてのほとんどすべての海域で記録されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カグラザメ
かぐらざめ / 神楽鮫
sixgill shark
[学]Hexanchus griseus

軟骨魚綱サメ目カグラザメ科に属する海水魚。全世界の温・熱帯海域に広く分布する。鰓孔(さいこう)が6対あることで日本近海産のすべてのサメ類と区別できる。全長8メートルになるといわれる。深海性で200メートル以深の海底付近に生息し、魚などを貪食(どんしょく)する。卵胎生(らんたいせい)で仔魚(しぎょ)を産むが、その数は母体の大きさによりさまざまで、多いものは100尾以上の胎仔を有していたものもある。出産時の胎仔の大きさは約50センチメートルである。食用となるが、水産業上はあまり重要ではない。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カグラザメの関連キーワードラブカ(羅鱶)恵美須鮫江戸油鮫深海魚板鰓類神楽鮫ラブカ羅鱶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android