コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脈翅類 みゃくしるい Neuroptera

5件 の用語解説(脈翅類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脈翅類
みゃくしるい
Neuroptera

脈翅目 (アミメカゲロウ目) に属する昆虫の総称で,完全変態を行う。成虫は陸生で,2対のには網のように分岐した縦脈と多数の横脈があるが,まれに後翅の退化したものもある。肉食で咀嚼型の口器をもち,大顎が発達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みゃくし‐るい【脈×翅類】

アミメカゲロウ目(脈翅目)の昆虫の総称。柔軟なかむ口をもち、触角は長く、翅(はね)は膜質で脈が多い。翅脈の端が細く分かれる扁翅(へんし)亜目のクサカゲロウウスバカゲロウツノトンボ、翅が幅広の広翅亜目ヘビトンボセンブリ、翅に縁紋のあるラクダムシ亜目に分かれる。完全変態。幼虫は水生または陸生で肉食性のものが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脈翅類【みゃくしるい】

昆虫綱の1群。前後翅は普通ほぼ同じ形で,膜質透明。翅脈は網状。完全変態をする。肉食で大顎が発達。ウスバカゲロウクサカゲロウ,ツノトンボ,ヘビトンボ,カマキリモドキなどを含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みゃくしるい【脈翅類 nerve‐winged insect】

昆虫綱の1目または1上目。この名称はリンネが1758年に,一群の昆虫に対して多数の翅脈をもつという意味の脈翅目Neuropteraを設定したのに始まる。その後,系統の研究の進歩によってカゲロウ類,トンボ類,カワゲラ類,シリアゲムシ類,トビケラ類などは脈翅目から除外され,それぞれ独立した別の目として扱われるようになった。こうして脈翅目はリンネの使った意味で用いられなくなり,現在では完全変態類に属し,成虫では一般に以下のような特徴をもつグループをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脈翅類
みゃくしるい

完全変態をする昆虫のなかで比較的原始的な一群Neuropteraをいう。これにはヘビトンボとセンブリの属する広翅(こうし)類、ラクダムシ類、扁翅(へんし)類の三群が含まれるが、狭い意味では第三の扁翅類のことをさすことがある。この類の成虫は陸生であるが、幼虫も広翅類と一部の扁翅類が水生で腹節の両側に気管鰓(さい)をもつのを除けば、陸生であって、獲物に鋭い大あごを突き刺し体液を吸う。成虫のはねは脈がかなり多くて横脈で多少とも網状にくぎられ、脈には多くは毛がある。触角は糸状が多いが、櫛(くし)状や数珠(じゅず)状のこともあり、先がすこし膨れたツノトンボ類のようなものもある。目はかなり大きく、クサカゲロウなど一部の種では単眼3個を備える。脚(あし)は細く、(ふせつ)は五節。幼虫は頭が大きいことが多く、よく動き、大あごと小あごは長くて突出し、大あごの内側に沿う溝に小あごが密着し、吸管の役目を果たす。三齢を経て蛹(さなぎ)になるのが普通で、蛹化(ようか)前に尾端から糸を出して卵形ないし紡錘形の繭をつくる。糸はマルピーギ管末端から出されるといわれる。蛹は裸蛹で運動可能であり、羽化前に繭から脱出するものもある。
 世界におよそ1万種が知られるが、初めの二類は少数で、扁翅類が大部分を占め、コナカゲロウ、カマキリモドキ、ヒメカゲロウ(クサカゲロウを含む)、ウスバカゲロウ(ツノトンボを含む)の四類に大別される。このうちウスバカゲロウの幼虫はアリジゴクとして知られ、寄生性のカマキリモドキは過変態をすることが知られている。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

脈翅類の関連キーワード名前鞘翅類直翅類マタハリ上目遣い線形虫旭が丘横綱の里ふくしま昆虫綱

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone