コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサガイ Cellana mazatlandica; Bonin Island limpet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサガイ
Cellana mazatlandica; Bonin Island limpet

軟体動物門腹足綱ツタノハガイ科。普通は殻口長径 7cm,殻口短径 5cm,殻高 5cmほどであるが,大型のものでは長径 10cm以上になるものもある。殻は円錐形で,巻かない。殻表は灰黄色に黒色斑があり,殻頂から多くの太い肋が放射状に走る。内面は真珠光沢があり,中央の軟体のつく部分は褐色。小笠原諸島に固有で,潮間帯の岩礁に付着する。天然記念物に指定されており,採取は禁止されている。カサガイ limpetはまた,ツタノハガイ科,ユキノカサ科などの笠形の貝の総称としても用いられる。殻はいずれも円錐形で巻かず,殻頂は前方寄りにあって前を向く。内面の馬蹄形の筋肉の付着筋も前方に開いている。ヨメガカサマツバガイ Cellana nigrolineata,ツタノハガイ Patella flexuosa,アオガイ Notoacmea schrenckiiウノアシカモガイ,ユキノカサ Acmaea pallidaなどがこれに属する。同じ円錐形の殻でもカラマツガイ,スズメガイ Pilosabia pilosaなどは,それぞれ独自に笠形に進化したもので,たとえばカラマツガイは有肺類に属し,真のカサガイではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサガイ
かさがい / 笠貝
limpet

軟体動物門腹足綱のうち、前鰓(ぜんさい)亜綱のツタノハガイ科、ユキノカサガイ科、シロガサガイ科や、有肺亜綱のキクノハナガイ科などの諸種のように、笠形をした殻をもつ貝を総称する俗称。
 ツタノハガイ科に属する標準和名カサガイCellana mazatlandicaは、小笠原(おがさわら)諸島のみにすむ大形種で、殻口長径70ミリメートル、殻高50ミリメートルに達し、殻表には、殻頂から縁に向かって走る強い放射肋(ろく)がありその上は顆粒(かりゅう)状で、さらにその上に黒斑(こくはん)がある。肋間の溝は深い。内面には銀色光沢がある。他の地方には分布しないので国の天然記念物に指定されている。学名のマサトランはメキシコ西部の地名で産地とあわないが、命名者が産地を取り違えたものと思われる。カサガイと俗称される主要なものに、ツタノハガイ科中にはヨメガカサガイ(別名ヨメノサラ)C. toreuma、マツバガイ(別名ウシノツメ)C. nigrolineata、ベッコウガサガイC. grataなどがあり、ユキノカサガイ科には、ユキノカサガイAcmaea pallida、アオガイNotoacmea schrenckii、ウノアシガイPatelloida saccharina、カモガイCollisella dorsuosaなどがある。また、キクノハナガイ科にはキクノハナガイSiphonaria sirius、カラマツガイS. japonicaなどがあり、他の科に属する笠形の貝も少数ある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カサガイの関連キーワードカサガイ(笠貝)ユキノカサガイヨメガカサガイウノアシガイミヤコタナゴマツカサガイ巻き貝・巻貝琉球鵜之脚ウロコムシゼニタナゴヤリタナゴネオピリナ草色青貝アオガイ発光生物雪の笠貝甲高青貝琉球青貝鵜足貝小鴨貝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android