コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサガイ カサガイCellana mazatlandica; Bonin Island limpet

2件 の用語解説(カサガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサガイ
カサガイ
Cellana mazatlandica; Bonin Island limpet

軟体動物門腹足綱ツタノハガイ科。普通は殻口長径 7cm,殻口短径 5cm,殻高 5cmほどであるが,大型のものでは長径 10cm以上になるものもある。殻は円錐形で,巻かない。殻表は灰黄色に黒色斑があり,殻頂から多くの太い肋が放射状に走る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサガイ
かさがい / 笠貝
limpet

軟体動物門腹足綱のうち、前鰓(ぜんさい)亜綱のツタノハガイ科、ユキノカサガイ科、シロガサガイ科や、有肺亜綱のキクノハナガイ科などの諸種のように、笠形をした殻をもつ貝を総称する俗称。
 ツタノハガイ科に属する標準和名カサガイCellana mazatlandicaは、小笠原(おがさわら)諸島のみにすむ大形種で、殻口長径70ミリメートル、殻高50ミリメートルに達し、殻表には、殻頂から縁に向かって走る強い放射肋(ろく)がありその上は顆粒(かりゅう)状で、さらにその上に黒斑(こくはん)がある。肋間の溝は深い。内面には銀色光沢がある。他の地方には分布しないので国の天然記念物に指定されている。学名のマサトランはメキシコ西部の地名で産地とあわないが、命名者が産地を取り違えたものと思われる。カサガイと俗称される主要なものに、ツタノハガイ科中にはヨメガカサガイ(別名ヨメノサラ)C. toreuma、マツバガイ(別名ウシノツメ)C. nigrolineata、ベッコウガサガイC. grataなどがあり、ユキノカサガイ科には、ユキノカサガイAcmaea pallida、アオガイNotoacmea schrenckii、ウノアシガイPatelloida saccharina、カモガイCollisella dorsuosaなどがある。また、キクノハナガイ科にはキクノハナガイSiphonaria sirius、カラマツガイS. japonicaなどがあり、他の科に属する笠形の貝も少数ある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カサガイの関連情報