コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カサド カサド Cassado, Gaspar

3件 の用語解説(カサドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カサド
カサド
Cassado, Gaspar

[生]1897.9.30. バルセロナ
[没]1966.12.24. マドリード
スペインチェリスト,作曲家。パブロ・カザルスの弟子。第2次世界大戦イタリアに定住。1959年ピアニスト原智恵子と結婚。1958,1962年訪日。チェロ協奏曲弦楽四重奏曲ピアノ三重奏曲などの作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カサド

スペインのチェロ奏者,作曲家。作曲家ホアキンカサド〔1867-1926〕を父としてバルセロナに生まれる。生地の音楽院で学んだのち1910年パリでカザルスに師事。
→関連項目ルビンステイン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カサド
かさど
Gaspar Cassad
(1897―1966)

スペインのチェロ奏者。バルセロナ生まれ。カザルスに師事して才能を磨き、第一次世界大戦後から積極的な活動を開始、独奏家として知られるに至る。技巧派でなく、チェロを豊かに歌い上げてみせる点に彼の本領があった。第二次大戦後はイタリアに定住、主として後進の指導にあたった。1958年(昭和33)初来日。59年ピアノ奏者の原智恵子(ちえこ)と結婚。作曲家としても活動したが、チェロのための小品『愛の言葉』は、世界中のチェロ奏者の愛奏曲となっている。マドリードで没。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カサドの関連キーワードバルセロナ大聖堂バルセロネータバルセロナプロセスバルセロナタワーバルセロナマラソン追憶のバルセロナバルセロナ・バレエ団バルセロナチェアバルセロナ大学バルセロナ伯国

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カサドの関連情報