カシオペヤ座(読み)カシオペヤザ

百科事典マイペディアの解説

カシオペヤ座【カシオペヤざ】

北天にほとんど一年中見えるW字形の星座。夕方南中するのは12月初め。北極星をはさんで北斗七星と対し,北極星指示に役立つ。和名いかり星,山形星。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カシオペヤざ【カシオペヤ座 Cassiopeia】

略号Cas。北天天の川沿いの大星座。5個の3等星がW字形をかき,日本では〈やまがたぼし〉〈いかりぼし〉の名がある。ギリシア神話では古代エチオピア王妃カシオペイアで,自分の美貌を誇り,海神ネレウスの娘たちネレイデスよりも美しいと自慢したために,愛娘アンドロメダを海の怪物である化け鯨にささげなければならなくなった。アンドロメダ姫はのちに英雄ペルセウスにより救われるが,この神話の登場人物はカシオペイアの夫であるケフェウス王まで秋空の星座として残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カシオペヤざ【カシオペヤ座】

北天の星座。12月の宵に、天頂より子午線の北の部分を通過する。輝星が W 型に並んでいて目につきやすく、北極星を見付ける目印となる。山形星。錨いかり星。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシオペヤ座
かしおぺやざ

秋のに北の空高く昇る星座。W字形に5個の星が並んでいる姿はひと目でそれとわかる。北斗七星が北の地平線低く下がるころ北の空にかかるので、北極星をみつけるためのよい目印になる。カシオペヤ(カッシオペイア)は、ギリシア神話に登場する古代エチオピア王国の王妃で、娘アンドロメダの美しさ、または自身の美しさを自慢しすぎたため海神の怒りを買い、アンドロメダを海魔のいけにえに捧(ささ)げなければならなくなってしまう。W字はそのカシオペヤの椅子(いす)に腰かけた姿を表したものである。
 日本では古くから「いかり(錨)星」、「山がた星」(大分地方)などの名で親しまれていた。秋の天の川の中にあり、双眼鏡や小望遠鏡で楽しめるM52やNGC7789などの散開星団をたくさん含んでいる。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カシオペヤ座の関連情報