カシミール美術(読み)カシミールびじゅつ

世界大百科事典 第2版の解説

カシミールびじゅつ【カシミール美術】

インドの北西部ヒマラヤ山系のなかにあるカシミール地方の美術インド中央部,ガンダーラチベット,中央アジアとの交流が密接であるとともに,奥深い峡谷にあっては独特の文化が永く保持された。スリーナガルの北北東11kmのハルワンには石積み祠堂僧院などからなる仏教寺院址があり,クシャーナ朝時代から数世紀続いたと考えられている。祠堂の中庭には動植物人物を浅浮彫した精巧な素焼粘土のタイルが敷かれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android