コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシミール美術 カシミールびじゅつ

1件 の用語解説(カシミール美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カシミールびじゅつ【カシミール美術】

インドの北西部ヒマラヤ山系のなかにあるカシミール地方の美術。インド中央部,ガンダーラチベット中央アジアとの交流が密接であるとともに,奥深い峡谷にあっては独特の文化が永く保持された。スリーナガルの北北東11kmのハルワンには石積みの塔・祠堂・僧院などからなる仏教寺院址があり,クシャーナ朝時代から数世紀続いたと考えられている。祠堂の中庭には動植物や人物を浅浮彫した精巧な素焼粘土のタイルが敷かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カシミール美術の関連キーワードインダス川シムラダージリンヒマラヤ山脈カイラス山山系ヒマラヤ杉ヒマラヤンチベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone