カステリョンデラプラナ(英語表記)Castellón de la Plana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カステリョンデラプラナ
Castellón de la Plana

スペイン東部,バレンシア州,カステリョン県県都。バレンシア北北東約 65kmの地中海岸に位置する。初めラマグダレナの丘の上に建設されたが,13世紀ムーア人の支配を脱した頃海岸沿いの肥沃な平地に移された。 1833年に県都となる。製紙,窯業,繊維などの工業が発達。港からオレンジ,タイルなどを積出すが,中央との交通の便は悪く,鉄道,道路とも海岸に沿ってバルセロナ,バレンシアと結ばれている。サンタマリア教会 (1604) がある。人口 13万 3180 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android