コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステロ・ブランコ Camilo Castelo Branco

世界大百科事典 第2版の解説

カステロ・ブランコ【Camilo Castelo Branco】

1825‐90
ポルトガルのロマン主義小説家。多作家として名高い。幼くして両親を失い,叔母や姉の家で育てられ,波乱の生涯の最後には失明の不安からピストル自殺した。彼の作品の基本的特質を理解するには,彼の生涯に関する知識がきわめて重要である。小説の舞台は主としてポルトガル北部で,そこに生きる人びとの息づかいが現代の読者にも生き生きと感じられる。代表作《破滅の恋》(1862)は女性関係が原因の投獄事件の結果生まれたもので,大衆作家としての頂点を示すものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カステロ・ブランコの関連キーワードウンベルト・カストロ ブランコパウロ アウトゥオリカステロブランコ県カステロブランコパルナイーバ川ベイラバイシャポルトガル文学国家革新同盟ブラジル史9月20日エアネスジーコベイラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android