コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステロ・ブランコ Camilo Castelo Branco

1件 の用語解説(カステロ・ブランコの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カステロ・ブランコ【Camilo Castelo Branco】

1825‐90
ポルトガルロマン主義小説家。多作家として名高い。幼くして両親を失い,叔母や姉の家で育てられ,波乱の生涯の最後には失明の不安からピストル自殺した。彼の作品の基本的特質を理解するには,彼の生涯に関する知識がきわめて重要である。小説の舞台は主としてポルトガル北部で,そこに生きる人びとの息づかいが現代の読者にも生き生きと感じられる。代表作《破滅の恋》(1862)は女性関係が原因の投獄事件の結果生まれたもので,大衆作家としての頂点を示すものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カステロ・ブランコの関連キーワードハウプトマンバビットポルトガル語ラーベロマンチシズムロマンチストフッフロマン派マゲローネのロマンスポルト(ポート)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone