コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッペルの戦い カッペルのたたかいKappelerkriege; Kappel Wars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッペルの戦い
カッペルのたたかい
Kappelerkriege; Kappel Wars

1529年と 31年にスイスチューリヒ南方のカッペルで行われた新旧両キリスト教徒の戦い。 19年以来 U.ツウィングリによってチューリヒを中心に進められた宗教改革運動のため,新旧両教徒の対立が生じ,29年5月,カッペルで戦端が開かれた。新教派が優勢で信仰の自由を認めさせる和議 (1529) を結んだが,31年 10月,旧教派が虚をついて再度開戦し,新教派を破った。その結果,新教派の改革運動は一時挫折し,旧教徒の地歩は強化され,ツウィングリもこの戦闘で戦死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッペルの戦い
かっぺるのたたかい

1529年および31年のスイスの宗教戦争。カッペルKappelはチューリヒ市南方の地名。1523年ツウィングリによるチューリヒの宗教改革以来、新教が北部8州に広がったが、これに対しウリ、シュウィーツなど中央部7州はカトリック連盟を結成し、両者はついに29年戦端を開いた。一度和議を結んだのち、31年10月ふたたびカッペルで戦い、チューリヒ側が敗れ、ツウィングリは戦死した。和議の結果、新教の拡大は阻止されることになった。[瀬原義生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android