コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテーナ カテーナCatena, Vincenzo

2件 の用語解説(カテーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カテーナ
カテーナ
Catena, Vincenzo

[生]? ベネチア
[没]1531. ベネチア
イタリアの画家。ベネチアで制作に従事。 G.ベリーニおよび G.チーマの模倣者として出発。 1506年にはジョルジョーネとなんらかの協力関係があった。晩年はパルマラファエロティツィアーノの影響を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カテーナ【catena】

鎖を意味するラテン語に由来する土壌地理学の用語。母材が同じ地帯であっても起伏(地形)や排水条件の違いによって,異なる土壌型が生成する。こうした一連の土壌群がカテーナ呼ばれる。その好例は丘頂から谷底にかけての地形断面に見られる。カテーナは,小気候,植生,動物相,土地利用,作物,集落立地などとも関連があるので,地域環境景観比較研究にとっては優れた複合対象であり,そのためカテーナは景観系列の意味にも使用されることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カテーナの関連キーワード中御門宣秀細川高国和田峠(長野県)震災遺児・孤児国広和田峠おもろさうしグラナダクロムウェルタウングー朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone