コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフジ油田 カフジゆでんKhafji oil field

4件 の用語解説(カフジ油田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフジ油田
カフジゆでん
Khafji oil field

サウジアラビアとクウェートの分割地帯に位置する海底油田。1960年に日本のアラビア石油によって発見され,1961年に生産開始した。産油量は 1979年の日量 40万バーレル台を記録後減退しており,油層の圧力維持のため,水圧入が行なわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カフジ油田【カフジゆでん】

クウェートとサウジアラビアとの国境の海岸から40km沖合にある,ペルシア湾内の油田。日本のアラビア石油(株)が1960年1月に発見した。日本の海外での自主開発原油の第1号である。
→関連項目クウェート(国)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カフジ油田

サウジアラビア、クウェートの国境沖約40kmにある海底油田。1960年発見。カフジ・サファニア油田の北部分。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カフジ油田
かふじゆでん
Khafgi Oil Field

クウェート、サウジアラビアと旧中立地帯の沖合いにある、ペルシア湾の海底油田。世界第4位の大油田であるカフジ・サファニア油田の北側をいい、日本のアラビア石油が開発、生産している。1957年にサウジアラビア政府より、翌年クウェート政府より許可が与えられ、60年に開発が成功した。98年度末までの累計で4億2093万キロリットルの原油が日本へ輸出された。しかし、アラビア石油は2000年2月を期限とするサウジアラビア側との石油利権更新交渉に失敗、同年2月28日、サウジアラビアに対する自主開発油田の採掘権が失効した。この結果、日量約30万バレルのカフジ油田の権益の半分がサウジアラビアに接収されることになった。また、03年にはクウェート側の採掘権も失効。ただし、クウェートとは2023年までの原油売買契約が結ばれている。[田中正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカフジ油田の言及

【アラビア石油[株]】より

…サウジアラビア政府,クウェート石油公団もそれぞれ10%ずつ株式を所有し,東京電力,関西電力等を上回る最大の株主である。60年1月,第1号井で日産1000klの油田を掘り当て,これをカフジ油田と名づけた。日本の海外での自主開発原油第1号である。…

【サファニヤ・カフジ油田】より

…可採埋蔵量は390億バレルと推定され,陸上油田を含めて世界第4位のものである。両油田は一連の背斜構造上に位置するが,サファニヤ油田は1951年にARAMCO(アラムコ)社によって,カフジ油田は59年アラビア石油(株)によって発見された。油層は深度約1500mの白亜紀中~下部に属する砂岩および石灰岩である。…

※「カフジ油田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カフジ油田の関連情報