コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採掘権 サイクツケン

5件 の用語解説(採掘権の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいくつ‐けん【採掘権】

鉱業権の一。一定の鉱区内で、ある鉱物を採掘・取得する権利。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

採掘権【さいくつけん】

鉱業権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さいくつけん【採掘権】

鉱業権の一。登録された一定の地域で鉱物を採掘し、取得する権利。 → 試掘権

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

採掘権
さいくつけん

鉱業権」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

採掘権
さいくつけん

登録を受けた一定の区域(鉱区)において、登録を受けた鉱物およびこれと同種の鉱床中に存する他の鉱物を採取し、取得する権利。鉱業権の一種で物権とみなされ、不動産に関する規定の準用を受け、一般承継、譲渡、滞納処分および強制執行の目的となりうる。採掘権は、試掘権と異なり、抵当権および租鉱権の設定が認められ、存続期間の制限がなく、取消しまたは自発的放棄があるまで存続する。採掘権を取得するには、日本人または日本国法人が鉱業法および鉱業法施行規則に定める手続に従って、経済産業省地方支分部局である経済産業局長に出願して許可を受けなければならない。許可は先に出願した者が優先する。出願には鉱床説明書の添付を要し、また、採鉱区相互間の権利の調整や施業案の認可など、試掘権より多くの監督規定がある。採掘出願には、かならずしも試掘の段階を経る必要はないが、経済産業局長が試掘を要すると判断した場合には、試掘出願への変更を命じ、また試掘出願が、試掘段階を終えて採掘に適すると判断した場合には、採掘出願への変更を命じることができる。同一場所につき同時に採掘出願と試掘出願が競合した場合は、採掘出願が優先する。採掘権の許可を受けた場合は、鉱業原簿に登録することによって効力を発し、登録後は6か月以内に事業に着手し、鉱区税や鉱産税を納付し、あるいは、鉱害が発生した場合には賠償義務を負わされる。[宮田三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の採掘権の言及

【鉱業権】より

…したがってまた,鉱区内において鉱業権によらないで土地から分離された鉱物は,当該鉱業権者の所有とされるわけでもある(8条)。 鉱業権には,試掘権と採掘権の2種類がある(11条)。試掘権は,鉱物の採掘経営が成り立つかどうかを調べ,本格的に採掘するための採掘権を取得すべきかどうかを知るための鉱業権である。…

※「採掘権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

採掘権の関連キーワード鉱業権鉱業財団鉱業法鉱区鉱区税試掘権鉱業抵当租鉱権罷業権漁業権漁業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

採掘権の関連情報